背面スピーカーでテレビを聴きやすくする

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

液晶テレビの音声を聴きやすくするために自分の近くに小型のスピーカーを置きました。スピーカーのつなげ方などで工夫したことをご紹介します。

概要

スピーカーの音声入力と電源入力をそれぞれつないでいきます。

  1. 小型スピーカーの音声入力プラグとテレビのイヤホン端子の間を延長ケーブルとイヤホン分岐ケーブルでつなぎます。
  2. ダイヤルタイマーをAC100Vの電源タップにセットします。
  3. 小型スピーカーのUSB電源コネクタをAC充電器に差し込みます。
  4. AC充電器をダイヤル式タイマーの”時間が来たら電源オフ側のコネクタ”に接続します。

つなげ方

小型スピーカーの様子です。左右のスピーカー本体、四角の箱が音量調節ボリュームで内部に増幅器が入っています。

2種類のケーブルが伸びています。3.5mmステレオミニプラグ付きのが音声信号ケーブルです。USBプラグ付のが電源供給用のケーブルです。これらのケーブルをつないでいきます。

音声信号ケーブルの接続

テレビ側面のイヤホン端子を使います。

3.5mmステレオミニプラグの延長ケーブル5mを使います。緑で囲んだ白いプラグです。下に延長ケーブルの例を載せておきます。ケーブルの色の違いはご容赦ください。

ケーブルの反対側がジャック(コネクタ)になっていて、ここに3.5mmステレオプラグが差し込めます。このジャックにイヤホン分岐ケーブルのプラグを差し込みます。

二股の分岐になるので、片側のジャックにはヘッドホンとかイヤホンがつなげます。もう片側のジャックに今回使用する小型スピーカーの音声信号ケーブルのプラグを差し込みます。ケーブルをまとめたあとで写真を撮ったのでとてもわかりにくいですが、下の写真で緑で囲った部分がそれぞれの接続部分です。

下の写真の緑で囲んだ部分は、スピーカーの音量調節ボリュームです。

電源供給用ケーブルの接続

このスピーカーはUSBプラグによる電源供給です。AC充電器を使ってAC100Vの電源タップからUSB用の直流電圧に変換するための変換アダプター(AC充電器)を使います。スマホの充電用によく使われているものです。

今回工夫した点をこれから説明します。
使いたいときだけ電源供給するためにダイヤルタイマーをはさみました。

電源タップにダイヤルタイマーと変換アダプターを取り付けた様子です。

リアスピーカーには電源が必要です。テレビを見ている時だけリアスピーカーの電源を供給できればよいです。テレビのリモコンの電源オンオフボタンと連動させられれば最高ですが実現は極めて困難です。思案した結果、タイマーをつけることにしました。セットした時間だけスピーカーが使え、時間が過ぎると電源が切れる仕組みです。セットしないとテレビは聴けないので、セットし忘れはありません。

なお、電源タップは固定して使ってはいけないそうなので、マジックテープの仮止めでダイヤルタイマーの操作ができるようにしました。これが苦心した点。

スピーカーの設置

これも苦心したところ。後方に窓があってカーテンレールがあります。カーテンレールの上に置きました。

むき出しだとちょっと見栄えが悪いので、額縁で隠すようにしましたが、心配したような音のこもりはありません。

設置した感想

音はよく聴こえます

液晶テレビの音声を聴きやすくするために、テレビのイヤホン端子からコードを伸ばして自分がいる場所の近くに小型スピーカーを置いてみた結果、よく聴こえるようになりました。
テレビの設定で、本体のスピーカーの音をオン・オフできますが、本体の音をオフにしてリアスピーカーだけで音はよく聴こえます。本体の音も音にすれば、音に包まれる感じです。今はリアスピーカーのみの設定で使用中。

設置場所の悩み

今回の設置場所はベッドサイドです。スピーカーを固定しておく場所に困りました。結果、頭上後方しか置き場所がなくて、現状となってます。将来、音がうっとおしいなどとなったら再検討です。

接続の苦労

テレビとリスニングポイントの直線距離は2m程度。それなのに、テレビの後ろからカーペットの下を通して、ベッドの周りを迂回して、スピーカーのケーブルとつなぐ。信号ケーブルの引き回しは5mでギリギリでした。

電源の取り方も、ダイヤルタイマーをどのように取り付けるかも最初は悩みました。臨機応変に対処です。消費電力なんて気にしないよということであればダイヤルタイマーは必要ないので設置は簡単になります。

なぜこんな面倒なことをしたのか

今回の記事を読んで、なぜこんな面倒なことをしたのかとお思いの方がいらっしゃるでしょう。背景をもう少し説明させてください。

もっと簡単にできる他の方法の有無について

テレビの音を聞きやすくする手段として、手元スピーカーがあります。記事、ミニコンポの音を疑似サラウンドにするの冒頭でも紹介しましたが、実はメインの液晶テレビでは私もすでに使っていて重宝してます。

ダイニングテーブルに置いて、朝食を食べながらNHKの朝の連続ドラマを視るので必ずスイッチ・オンです。
ところが今回の液晶テレビへの導入には課題がありました。

使用している手元スピーカーの場合は乾電池で動作します。電源を消し忘れることが度々でした。さらに今回の場合は置き場所の制約があります。ベッドの上に置くわけにはいきません。それで壁付けにでもしようかと考えて、さらに小型のスピーカーをヨドバシカメラに行って探した結果、ご紹介したエレコム製の小型スピーカーにたどり着きました。

なので、今回の試行錯誤は、まず、このエレコム製の小型スピーカーをどうやって使いこなすかが大きな課題となったわけです。USB電源をどうやって供給するか?電源の消し忘れをどうしたら防げるか?これらが具体的な課題として、取り組みダイヤルタイマーとなりました。カーテンレールの上に取り付けたのはそれ以外に適当な場所がなかったからです。背景説明は以上です。

液晶テレビの音はもっと良くならないのかな

そもそもの原因、液晶テレビの下向きのスピーカーは改善してほしいですね。前回の記事、液晶テレビのスピーカーをカバーすれば聴きやすいで、ダンボールでスピーカーの音の出口を囲んで前の方にだけ音が出ていく工夫をしてみました。それなりに改善効果はありましたが不十分でした。それで今回の追加の工夫になったわけです。この対策には満足してますが、テレビ本体でもっと音が聴きやすくしていってほしい。サウンドバーとかはありますが、小型テレビにはもったいない。

使用した機材のリンク先紹介

使用したおもな機材と同等品のアマゾンへの商品リンクを張っておきます。興味のある方は参考にしてみてください。

   
 

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加