浴室小窓の網戸をきれいに作り直しました

浴室網戸タイトル
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

浴室の小窓に取り付けていた自作の網戸がとても汚れて古くなったので新しくしました。今度は清掃などのメンテナンスも考えて取り外し安くしてます。

網戸の状況

浴室には小窓があって常時開け放してあります。開けた隙間から小さな虫が入ってくるので、入居後早いうちに自分で網戸をこしらえて取り付けてました。もしかして20年ぐらい経っているかも。小窓の前後方向の開け閉めのために、網戸の半分のところで手前に折り曲げられるようにしたのですが、網戸本体は簡単に取り外せないようにしたので、水をかけてブラシで擦るぐらいの掃除しかできなくて経年の汚れでみすぼらしくなりました。家人の不興を買ってしまったので、新しくすることに。

トイレの網戸

一方、隣りにあるトイレの小窓も同様の作りですが、こちらは未だに現役です。おそらく湿気がなく、お湯がかけて掃除する必要もなかったためだろうと思います。

浴室の網戸

浴室から取り外した古い網戸の様子です。とても汚れているので、ベランダのコンクリート床に置いて撮影。

こんなふうに折れ曲がる構造です。

完全に折りたたんだ状態。汚れていますが、しっかりと網も取り付いており、金具もそのままです。よく作ったなと感慨にふけります。

解体して処分してしまう予定ですが、網を止めている釘をはずして網を取り去り、四隅の金具を取り外して木枠をバラバラにする。結構手間がかかります。汚れ対策をした上で、そのうち作業する予定。

新しくした網戸のようす

さて、新しい網戸はシンプルな構造に決めました。木枠に網を固定して、マジックテープで窓枠に取り付けて、取り外しが簡単になるようにします。

マジックテープの様子

窓枠の方にマジックテープを貼り付けます。マジックテープは両面テープで貼り付けました。

窓枠上部

窓枠下部

網戸の制作

ホームセンターで1.5mm四方で1.8m長さの材木を買ってきて、窓枠の寸法に合わせて切り取り、接着剤と片面をL字型金具での木ネジ止めで、網戸の木枠に組みます。最初は中央にも横枠を入れてましたが体裁が悪いので取りやめました。木ネジの穴だけが残ってます。

上下の中央に小さなヒンジを取り付けて、取り付け取り外しする際の取手にしました。

網戸の裏側の様子です。

網は釘付網戸ネットバンドで固定します。ネットバンドはホームセンターでは見つけにくい部品になりましたね。名前そのものがすぐに思い浮かびませんし。

網戸の上下に、マジックテープを貼り付けます。窓枠に貼り付けたものの相方の方です。

これでおしまいのつもりでしたが、マジックテープの双方の厚みで5mmほど網戸が浮き上がってしまうことがわかりました。このままだとせっかく窓枠に取り付けても、隙間だらけになってしまいます。

それで、厚手の隙間テープを100均で購入。マジックテープの面と高さを揃えました。写真は隙間テープを途中まで貼り付けた様子です。左上が白く残ってますが、最初にかってきた隙間テープが足りなくなってしまったからです。あとで買い足ししてここにも貼り付けました。

出来上がりの状態

取り付け前の窓枠です。こんな感じで窓は常時開け放しておきます。

網戸を取り付けました。上下のヒンジを持って窓枠上下のマジックテープに網戸のマジックテープが当たるようにして押し付けます。

網戸の木枠の色はベージュにして周りと馴染むようにしました。スッキリとして家人にも評判は良いので、これでめでたしめでたしです。

感想

前回のは中央で折れ曲がる構造だったので、純粋な木枠を作るのは初めての経験でした。4辺だけではグラグラしないかと心配で、中間に一本、横枠を入れて制作しましたが、体裁が悪いのではずしました。それでも、心配したようなグラグラなど全くしません。重量物を支えるものではないのと、全体が軽量であること、それで4隅のL金具の固定だけで十分になったものと思われます。1.5mm四方の角材を選択したのが良かったようです。これより細いと折れていまいそうで強度が心配。太いと重くなるし外観上も抑圧感が出てきたことでしょう。初めての木枠づくりと網戸作りの作品にしてはうまく行ったと思ってます。
ところでずっと”網戸”と書いてきましたが、考えてみるとこれは”戸”ではないかも? なんと呼べばいいんでしょうか。思い浮かばないのでこのままにしておきます。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加