NWCDレシーバーRCDN-10をたっぷり楽しむ

CDレシーバー楽しむタイトル
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ネットワークCDレシーバーRCD-N10が持つさまざまな機能を使って、いろいろなメディアを良い音(オーディオ)で楽しみます。楽しいオーディオ環境をつくるために思いついた作業がすべて終わったので、できあがったようすをまとめておきます。

目指したこと

以前の記事”ネットワークCDレシーバーRCD-N10を買いました”を書いてからも、いろいろな取り組みを続けてきました。目指したのはテレビやビデオレコーダーやCD・DVDなど各種メディアの映像や音を簡単に楽しめることです。装置の前に行っていちいち操作する回数を減らしてリモコンで操作できるようにします。

使用する装置の構成と接続関係

実際に使用する装置とその接続関係を表す概要図を作ってみました。

装置構成図

自分がコツコツとやってきたことを振り返ってみます。

装置の様子

各装置を写真で紹介します。

RCD-N10ネットワークCDレシーバー

システムの中心となる装置です。いろいろな装置からの信号を入力して選択しスピーカーに出力します。アナログ入力は一つだけですが、ふたつのデジタル入力(光ファイバーケーブル)を活用しました。

テレビの音声信号をデジタル信号で光ファイバー経由で入力します。写真中央の黒いケーブルです。光入力1(OPTICAL IN 1)につなぎます。

CDプレーヤー

CDプレーヤーにもデジタル信号出力があったので、こちらも光ファイバーケブル経由で入力します。

光ファイバーケーブルをCDレシーバー背面の光入力2(OPTICAL IN 2)につなぎます。テレビ信号をつないだ光入力1(OPTICAL IN 1)の下です。

ラジオ放送

FMアンテナで受信した信号を入力してFMラジオ放送を聴きます。

AMラジオのアンテナはこちらです。電波が強いようで室内でも各局が聴けます。

写真の上に見える左側の白ケーブルがFM信号入力で、その右側の入力端子にAMラジオアンテナをつなぎます。

レコードプレーヤー

レコードプレーヤーの信号は小さいのでプリアンプを介して接続します。

レコードプレーヤーです。

コンパクトで使いやすいので2世代に渡って使ってます。

真空管式プリアンプのTube-03J+/。真空管を換装したりしてますが効果の程はよくわかりません。

裏側の様子。写真の左側の装置です。レコードプレーヤーからのRCAケーブルを入力端子に、出力端子からRCAケーブルでCDレシーバーのアナログ入力端子につなぎます。

アナログ入力(ANALOG IN)にRCAケーブルをつなぎます

レコードを再生してみるとCDより音の広がりと言うか深みは感じられます。でもまだ音がこもっているようで、満足していません。どんな音がレコード再生の理想なのかはよくわからないし、レコードプレーヤー高級機に変えるか?でも置き場所もないし…。、将来の改善課題として残しておきます。

LAN DISK

Network Attached Storage(NAS)、製品名がLAN DISKです。ネットワーク(LAN)に直接つないでパソコン(PC)やネットワークCDレシーバー(RCD-N10)からアクセスできる、外付けハードディスクの役割を果たします。自宅で保管しているレコード、CD、カセットテープの曲をflacやwav形式のデジタルファイルに変換して収容してます。1000点あまりあるかな。とても作業に時間がかかりましたが、NW CDレシーバーのリモコンの操作だけで自由に曲を選べるのはとても便利です。

スピーカーシステム

メインスピーカー

FE166NVをバックロードホーンの箱に入れてます。

ツイーター

FT17Hを使用。

サイドスピーカー

BOSEのサラウンドシステムのメインスピーカーを使います。

バックスピーカー

AR-7 スピーカーを手作りの箱に入れて使います。

サブウーファー関連

使わなくなった装置の再利用になってますが、豪華ラインナップです。

NW CDレシーバーのサブウーファー用出力をRCAケーブルで取り出します。

6J1を使ったプリアンプ

CDレシーバーのサブウーファー用出力信号を増幅します。

サブウーファー用信号のRCAケーブルを入力に接続し、出力をRCAケーブルの2分岐ケーブルでリモコン付きのプリアンプの左右の入力端子につなぎます。写真の右側の装置が配線の様子です。

低音レベルコントロールにPGA2310

白い小さなリモコン付きのプリアンプです。

レベルコントロールされた信号をRCAケーブルでメインアンプTRK-3488につなぎます。

サブウーファー用メインアンプ

サブウーファー用のメインアンプに使ったのが真空管アンプのTRK-3488です。ちょっともったいない気もしますが。

サブウーファーとして使ったスピーカー

BOSEのモデル121Vです。ウーファー用ではありませんが控えめな低音増強には使えました。サイズ的にもコンパクトで助かります。

システムの裏の様子

装置個別に裏側の配線を見てきましたが、全体の様子がこちらです。各装置は部屋のベランダ側に設置していて、裏の配線はベランダに出て屋外から行います。気が向いたときにあれこれといじりたくなる方なので、いまの状態のほうが、いちいち装置を動かさなくても済むので効率的です。スッキリさせるようにはしているんですが、いつの間にかごちゃごちゃです。

電源コンセント

電源コンセント周りです。一時はモンスターケーブルとか使ったりしましたが、過剰品質で意味がないのでやめました。

リモコンでの主な操作

使用するリモコン

主に使用するリモコン3台です。
左から、ビデオレコーダー用、テレビ用、NW CDレシーバー用です。

リモコン3台

以下、各リモコン操作を説明します。音量調節などリモコンの基本機能の説明は省略します。

NW CDレシーバー用リモコンの操作

レコード演奏、内部のCDプレーヤーによる演奏、外部のCDプレーヤーによる演奏、テレビやDVDレコーダ音声、ラジオ放送、インターネットラジオ放送、NAS(LAN DISK)にいれてある音楽などを切り替えます。

音楽の音質を好みに変えます。
ラジオ放送では放送局の選択、音楽の演奏では曲の選択を行います。

テレビ用リモコン

地デジ・BS・4K放送の切り替え。
チャンネルの選択
録画や再生など

DVDレコーダーのリモコン

番組の予約録画、再生
テレビでも外付けHDDに録画出来るようにしたので、同時刻の重複番組を録画できなくなることはほぼなくなりました。毎週録画している番組がたくさんあるので、あとで見るのが大変。

サブウーファー用リモコン

サブウーファーを鳴らして低音を補強したい場合は白いリモコンを追加します。

リモコン4台

CDプレーヤーのリモコン

CDはNW CDレシーバー本体で聴けますが、若干音がよく感じる別のCDプレーヤーで聴きたいときは、このリモコンを操作します。

CDプレーヤー用リモコン

これだけのリモコンを手元に並べて使うのが果たして簡単なのか?若干疑問ではあります。複雑かもです。たまにリモコンを間違えたりもします。

とはいえ基本は、最初に示した3つのリモコンが主です。その中でもCDレシーバーのリモコンを使うことがほとんどです。

これだけ多種類のメディアが対象です。ずいぶん便利で簡単になったと思います。

ネットワーク関連の装置

FMラジオ受信サラウンド的に音を楽しむことへの対応作業については別の記事でくわしく書きました。今回のまとめ記事では、24時間動いていながら日頃はあまり日の目を見ない装置の写真も載せておきます。

LAN関連

ホームネットワーク(LAN)を構成するための装置2台です。
右が光電話回線ルーター、左が無線ルーターです。

ルーターとリピーター

光電話回線ルーターは光電話回線を引き込んで、ひかり電話とインターネットとつながります。

光電話回線ルーター

こちらは無線ルーターです。リピーターモードに設定して有線LANと無線LANを同一ネットワーク上に構成します。この理屈が本当に自分で理解できて実践するまでに大分時間をロスしました。私の昔の仕事がインターネット関連だったのに、基本的なことが分かっていなかった事がわかって恥ずかしかった。

無銭ルーター

無線ルーター

無線ネットワークも併用する主な理由は、スマートフォン(iPhone)のアプリを利用するためでした。AirPlayとかHEOSなどという便利なアプリで、パソコンとNW CDレシーバーがiPhone経由でつながったり、iPhoneでNW CDレシーバーの音声出力をコントロールできたりします。一度は動作確認して素晴らしいなと感動しました。今は使ってないので説明は省略します。無線ネットワークだけはそのまま生きてますけど。ビエラリンクとかなにやらまだ便利そうですが、そこまで使う元気は残っていないかな。というか必要性は感じない。

以上長くなってしまいました。まとめるといいながらまとまりがなくなりました。何をやってきたかを一度振りかえる機会になりました。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加