レコードプレーヤーのベルトの2回目の交換

New!
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

わたしが使っているレコードプレーヤーAT-PL300の駆動方式はベルトドライブです。細いゴムベルトがモーターの回転をターンテーブルに伝えてレコードを回します。今回は2回目のベルト交換です。

ベルト交換前

ベルトの寿命はなかなか気づけません。回転が段々と不安定になってきてるはずですがその変化には気づきにくいのです。過去の記事レコードプレーヤーのベルトを交換しましたの日付を見ると、3年ぐらい前にベルトを交換しています。レコード針の交換とあわせてベルトも交換したほうがよさそうです。

ベルトの交換

新品のベルトです。

新品のドライブベルト

AT-PL300レコードプレーヤー

AT-PL300レコードプレーヤー

交換作業は簡単です。ベルトを無理やり伸ばさないように丁寧にとりつけてあげるだけです。

ターンテーブルのゴムマットを外します。

ターンテーブル

写真のようにモーターのドライブシャフトが見えるところまでターンテーブルを手で回します。

ドライブシャフト

ドライブシャフトにかかっているベルトに指をかけてシャフトから外します。写真ではベルトがターンテーブルの内側に張り付いている状態になっています。

ドライブシャフト

ターンテーブルを外します。ターンテーブルの両端に両手を添えて真上に持ち上げるようにすると、多少の引っ掛かりは感じますがスッと抜けます。ターンテーブルをひっくり返します。古いベルトを手で外します。

新しいベルトをよじれないようにしてターンテーブルにはめます。ベルトに裏表はありません。

ターンテーブル裏側

ターンテーブルを元に戻します。無理に押し込まないで真下にすっとはめます。あとはベルトを外したときとは逆の作業で、ターンテーブルをドライブシャフトが見える位置まで手で回します。

ターンテーブルに取り付けた新しいベルトを指でつまんでモーターのドライブシャフトに掛けます。ベルトがよじれないように慎重に引っ張ります。指で摘みにくいようでしたらヘラのようなものを使えばいいです。

ドライブシャフト

あとはゴムマットをターンテーブルに敷いて作業終了です。

古いベルトと新しいベルトを比べてみる

古いベルトと新しいベルトを並べてみました。ベルトの片端を揃えてもう片端で見ると、長さが違っているのがわかります。もちろん短いほうが新しいベルトです。

ふたつのベルト

前回のときの写真も再掲します。

新旧のベルト

今回のほうが伸びが大きいような気がしないでもありません。

ベルト交換後

当たり前ですが音楽がちゃんと聴けています。正直言って変化は感じません。
新旧のベルトを並べた写真を2枚載せました。いずれにしてもゴムのベルトは伸びるものだということはわかると思います。ベルトが伸びれば伸びるほど摩擦力が減ってきます。一度ターンテーブルが回ってしまえばターンテーブルのフライホイール効果でしたっけ?うろ覚えですが、そのおかげでテーブルの回転の安定性にはさほど影響しないかもしれません。
でも、音がふらついたりターンテーブルが回らなくなるぐらいまで交換しないというのは、音楽をなるべく良い音で楽しもうという立場からは避けたほうがいいでしょうね。
レコードプレーヤーのレコード針とドライブベルトは消耗品です。ある程度の期間を使ったら交換しておけば安心ということでしょう。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加