ネットワークCDレシーバーRCD-N10を買いました

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

私が好きな音楽を聴いているオーディオシステムが、ネットワークCDレシーバーを買うことでシンプルな構成になり、気楽に音楽を楽しめるものになりました。新しいシステムについてかんたんに紹介します。

システム変更のおもな内容と目的

CDプレイヤーの買い替え

Marantz製のCDプレイヤーがCDを再生するときに頻繁に音飛びがして動作不安定でした。

CDレシーバーを購入

これまでは真空管プリメインアンプに機器を付け加えて音楽を聴いてきましたが、真空管にこだわらずにシンプルなシステム構成で音楽を楽しんでみます。つまりスピーカーを鳴らせるCDプレイヤー、つまりCDレシーバーに変えてみます。

バックロードホーンスピーカーを活かす

わたしはフォステクスFE16NVスピーカーを組み込んだBK16バックロードホーンがとても気に入ってます。これを心地よく鳴らしたい。それなりの出力のアンプがついたCDレシーバーが必要です。

ネットワークCDレシーバーの主な特徴

私が必要としている機能だけに絞ると以下のとおりです。
・CDプレイヤー
・レコードプレイヤーがつなげること
・出力アンプ付き
・USBメモリー読み込み可能
・リモコン付き

選択したポイント1

これだけの機能であれば一般のCDレシーバーで十分です。1台でCDプレイヤーとプリメインアンプでUSBメモリーの音楽も聞けるCDレシーバーは、今ではありふれた機能のようです。各社様々な製品のほとんどが対応してました。

選択したポイント2

”ネットワーク”CDレシーバーとなると、ネットワーク経由でネットワーク・サーバーなどに保存されたハイレゾ音楽を取り込んで楽しめるのが通常のCDレシーバーとの大きな違いになります。選択できる製品が極端に少なくなりました。わたしは、USBメモリーにいちいち音楽を保存したり、USBメモリーを差し替えるのが面倒くさくなってきてまして、もしかしてすぐにネットワーク・サーバーを購入するかもしれないと予想してました。それもあって、ネットワークCDレシーバーを選びました。購入した製品はほどほどにコンパクトで価格的にも妥当でした。

選択したポイント3

USB-DACというものについて迷いました。ネットから一旦パソコンにダウンロードした音源をUSBケーブルでつないで楽しむというものなので、私の使い方とは異なりますので、対象外としました。でもネットワークレシーバーはLAN(ネットワーク)経由で音楽のやり取りをするのと、USBーDACはUSBケーブルで音楽のやり取りをする。選択するときによくわからなくてとても迷いました。今でもよくわかってないかも。”USB DAC”と”ネットワーク”、この違いはとても分かりづらいし紛らわしいと思いました。

ネットワークCDレシーバーで確認できたこと

期待していた機能についてそれぞれみていきます。

CDを聴く

通常のCDは問題なく聴けました。スーパーオーディオCDは聴きません。

USBメモリで聴く

MP3フォーマットの音楽は問題なく聴けました。
ところが私がたくさんUSBメモリーに保存していたaacフォーマットの曲が聴けません。仕様上は対応してるはずなんですけど。これはとてもショックでした。あとでネットワーク・サーバーを購入し、CDをすべて保存し直す事になってしまいました。
aacファイルが聴けない点については、随分あとになってからコーデックアプリを2,3試してみて、iTunesアプリで変換すれば聴けることがわかりました。aacフォーマットへの対応は厳密なのかな?よくわかりませんが。わたしのような一般のユーザーにはこれ以上は調べようがない領域かな。

レコードプレイヤーで聴く

アナログ入力端子に接続して普通に聴けました。CDやUSBからの入力よりもレベルがだいぶ小さいので、音量ボリュームは大きくしなければなりません。これは当然のことです。

新たに試したこと

せっかくなので、ネットワーク対応機能を試してみました。

パソコンの音源を聴く

パソコンのファイル共有を設定すれば聴けるようになるのかなと思い、試しましたが、うまくいきません。取扱説明書にも具体的には一切触れてませんので、パソコンに繋げると書いてあることについては、ちょっと疑問を感じます。
結局はあとでネットワークサーバー(LANに繋げる外付けのHDD)を導入して対応しました。
USBメモリーからの音楽を聴くのをやめて、ネットワークサーバー利用が私のこれからの使い方になりました。
ネットワーク・サーバー利用についての感想などは、別記事にする予定です。

flacフォーマット音楽を聴く

これはいいですね。再生される音が、よりきめ細やかになる感じを受けました。
後でネットワークサーバーに保存し直したCDの楽曲はすべてflacフォーマットにしました。ファイル量もMP3フォーマットなどに比べると大きくはなりますが、テラバイト(TB) のサーバー容量の世界では、あまり気にしなくて良いレベルになりました。

音を良くして聴く工夫

ネットワークCDレシーバーでは低音ブーストとか音質調整とかできますが、うるさくなるだけで、いまいち期待した音になりませんでした。シンプルな音作り、そこで周辺の使い方で工夫してみたことを書いてみます。

スピーカーケーブルの交換

真空管アンプで使っていたZONOTONEのスピーカーケーブルは、芯線が太すぎてレシーバーのスピーカー端子に差し込めません。
ツイッターを接続していた細めのスピーカーケーブルをつないでみたのですが、なにか音が不十分な感じです。
ネットの情報では、ケーブルの長さに見合った芯線の太さがあるようです。
私のシステムのスピーカーケーブル長は3.5m。
CANAREの4S8をおすすめする記事がYoutubeで見つかりました。ヨドバシカメラで入手できたので使いました。かなり満足できる出来です。

アンプ背面

芯線の太さもあり、さらに2本ずつを束ねてさらに実質的に十分に太いケーブルとして使えました。

スピーカーケーブル取り付け

スピーカーケーブル取り付け拡大

スピーカーボックスの設置方法改善

スピーカーの高さを、私が椅子に腰掛けた状態の耳の位置に近づくように調節しました。このほうがより音の広がりを感じられるようです。

右スピーカー

小さなコンクリートブロックで下駄を履かせてスピーカーの位置を10cmほど高くしました。

スピーカー設置部

スピーカー設置部分

疲れずに聴き続けられる音質の調整

私が良い音だなと感じられるのは、楽器やヴァーカルがそれぞれ分離して立体的に聴こえるときです。澄んだ歌声が染み渡るように聴こえてくるとうっとりしてしまいます。
あまり低音とか高音が強すぎると、長く聴いていると疲れてきます。なので”ソースダイレクト”に設定して音質調整は行いません。

スピーカーの設置

スピーカーをしっかりと安定させて、三角形の頂点にリスニングポイントを置くのがいちばん大事なことのように感じます。スピーカーが大きなヘッドホンになるイメージです。そうすると目をつぶると、音の広がりが目の前に感じられます。

ツイッターの設置

なくても良さそうですが、楽曲によっては高音はほんのアクセント程度に付け足したほうがよく感じるときに利用します。

感想

コンパクト

外観がとてもシンプルでおとなしい感じ。ELディスプレイは落ち着いた感じで良いです。

レコードプレイヤーの置き場所がなくなってしまったので、DIYで棚を作りました。
DIYショップを探すと、棚を作るための部品に良いものがありました。
15cmの長さの黒く塗装した円柱形の木の棒の両端にネジ穴が切ってあって、上下に天板と底板にボルト用の穴を開けてボルトで取り付けてジャストサイズの専用棚が出来上がりました。
CDプレイヤーの上に棚を置き、棚の中にネットワークCDレシーバー、棚の上にレコードプレイヤーを置きます。

アンプ全体

音が素直

最初はがっかりするような音が、いろいろ工夫してみた結果、随分改善できたように思います。スピーカーとの相性はとても良くなったと思います。

右スピーカー

左スピーカー

今回のかんたんな紹介は以上ですが、
アマゾンの商品リンクも貼っておきます。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加