ピックアップ移動の繰返しでCD6006CDプレイヤーの音飛び改善

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

マランツ製のCDプレイヤーCD6006の音飛びが目立つようになって聴くに堪えない状態になりましたが、ネット記事で見た対処法で症状が改善しました。

音飛びがひどくなる

思い起こせば、このプレイヤーは購入当初から新品のCDでもたまに音飛びしてました。それがこのごろはCD再生中に何度も音飛びします。BOSEのアンプも2台ともにCDプレーヤー部が最初に故障しましたし、こういう光学系の製品は寿命が短い気がします。それにしても買って2年ぐらいで壊れるには早すぎます。ハズレの製品だったのかと後悔してましたが、諦める前になんとかしてみました。

レンズクリーニング

レンズクリーニング1

レンズクリーニング用のCDを使いましたが全く効果なし。

レンズクリーニング2

CDプレーヤーの筐体を外してみます。メカ部品の中にプックアップレンズが見つかりました。

ピックアップ

ピックアップ

綿棒をエチルアルコールで湿らしてそっとレンズをなでます。力を入れすぎるとレンズに傷がつくということなのでそっとです。綿棒に薄っすらと茶色のシミが付きました。
びっくりしたのが、綿棒で障るとレンズは上下に動くんです。てっきりしっかり固定されているものだと思ってましたので意外でした。
結果はすこし良くなった気もしましたが気のせいでした。残念。

せっかくケースを開けて中を見られるようにしたので、このままもとに戻すのももったいない。メカの動きやピックアップの動きがとてもキビキビとかつ動きが珍しかったので、カメラで撮影してみました。

CDが回転すると、ピックアップレンズが上下に動きます。どうやらCDと触れないギリギリのところでCDの上下の動き(ゆれ?)に追随しているようです。音飛びは困りますが、通常だと上手に再生できているわけです。複雑ですばらしい仕組みだと感心しました。

ピックアップの素早い移動を繰り返す

対策法を探す

メカの動きに感動しましたが、音飛びは改善しません。どうしたものかとネットをしつこく検索。Yahoo!知恵袋の2011年の記事に改善策が出ていました。回答を引用します。

80分程度の長いCDを用意してください。再生ボタンを押して、一曲目の再生が始まる前に最後曲までスキップさせます。最後の曲が再生する前にまた一曲目までスキップさせます。これを20回くらい連続で繰返してみてください。もし、少しでも改善されたならもう少し繰返します。あまり一度に過度にやりすぎるとピックアップ移動用のモーターを過熱させますので注意。
これはピックアップの移動をすばやくやることで、ピックアップの移動用のかみ合わせをスムーズにすることで解消するやり方です。グリスが古くなったりしてガイドがうまくいかないために音とびを起こすことが良くあるからです。本当は分解してレールとのかみ合わせを丁寧にふき取って再度グリスすると良くなることが多いのですが、分解は無理でしょうから。

対策をやってみる

”一曲目の再生が始まる前に最後曲までスキップさせます。最後の曲が再生する前にまた一曲目までスキップさせます”これをどうやって実現しようか?よくわからないので、リモコンでスキップボタンを押しまくりました。このあとで気が付きましたが、リモコンの数字ボタンで”1”と局番の最後の”27”とかを交互に押せば簡単にできました。

対策の結果

10回ぐらい繰返したら改善が見られました。それで20回繰り返したところ音飛びはしなくなりました。

感想

最初からこの製品は音飛びがしていました。メカの移動部分のグリスに何かの問題があることは間違いなさそうです。その意味ではハズレの製品を引いてしまいました。
この作業をやってもしばらくすると、ふたたび音飛びが起きる気がします。そのたびにこの作業を繰り返すのも面倒です。いずれは”レールとのかみ合わせを丁寧にふき取って再度グリスする”ことに挑戦することになりそうです。うまくできるかな?

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加