レコードプレーヤーAT-PL300のレコード針を交換しました

AT-PL300
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

レコードプレーヤーAT-PL300のレコード針が摩耗したので交換しました。
レコード針は交換しなくてもレコードは聴けます。たまにしか聴かないからまだいいかなと交換は後回しにしがちでしたが、少しまとまった数の中古レコードを買って聴く機会が2度3度と続き、300時間以上はレコードプレイヤーを使った計算になりました。

AT-PL300

すり減ったレコード針を使い続けると再生する音がだんだんクリアーでなくなってくるのと、レコードの音溝をよけいにすり減らしてしまうことが心配です。そろそろ頃合いかなという思いでレコード針を交換しました。
今回の記事では、そのときに交換したレコード針とそのアップ写真を紹介し、交換作業の注意点を記録しておきます。

レコード針本体

新しいレコード針ATN3600Lです。

新品のATN3600Lレコード針

針の部分

針先の部分です。光を反射して白くなって尖っている部分が針先です。

新品のATN3600Lレコード針

それまで使っていた古いレコード針の針先です。接写でなかなかピントが合わせられてませんが、先端が丸くなっている感じは見てとれるかと思います。

古いATN3600Lレコード針

微妙な世界と言ってしまえばそれまでなのかもしれません。

レコード針の取り替え

パッケージと説明書

レコード針は紙とプラスチックのパッケージに入ってます。

パッケージ

説明書は多言語で記載されており、日本語の説明がこちらです。

説明書1

説明書2

説明書3

交換作業

レコード針

レコード針は保護カバーが付いてきます。カバーは前面(ブランドマークのある面)にスライドさせて外します。

カバー付きレコード針

カバー

作業上の注意点

説明書は簡単に書いてありますが、交換作業は狭いところでの細かい作業なので、わたしはとても手間取りました。

  • レコードプレイヤーの電源プラグは抜いて行う
  • レコード針を取り付けるカートリッジボディは指で押さえて作業する

作業はプレイヤーのアームを持ち上げての作業です。電源プラグを抜かないと、作業中にアームが左右に動くたびにターンテーブルが回りだしてじゃまになります。

カートリッジボディはアームのヘッドシェルに挟み込んであるだけです。しっかりと固定されません。レコード針を外すときも新しいレコード針を差し込むときも、どこを持てばいいかとか力の入れかたに困りました。カートリッジボディはヘッドシェルにネジ固定するような設計見直しをしてほしかった。

レコード針が確実にカートリッジボディに装着されてないと、再生音が小さくなったりします。古いレコード針で抜き差し作業をやって作業のコツを掴んでから、新しいレコード針を差し込むようにしたほうがいいと思います。新しいレコード針を痛めては元も子もありませんから。

audio-technica レコードプレーヤー 交換針 ATN3600L ホワイト

audio-technica レコードプレーヤー 交換針 ATN3600L ホワイト

2,091円(01/17 22:40時点)
Amazonの情報を掲載しています
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加