アイドリングストップを切り替えやすくする

タイトル
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自家用車をシエンタからパッソに乗り換えてはやふた月。一番の違いはアイドリングストップの操作です。この操作をしやすくするための工夫を紹介します。

アイドリングストップの問題点

パッソをしばらく走らせて最初に感じたことですが、アイドリングストップ機能が働いて頻繁にエンジンが止まります。素人目にもエンジンやバッテリーに負担がかかりすぎるのは明らかです。ふだんはアイドリングストップ機能が働かないようオフにしてます。

信号待ちが長いときだけは、アイドリングストップさせたくなります。そのためには機能をオンに戻さなければなりませんが、切り替えスイッチの操作をうまくやらないと思い通りにはなりません。

下の写真の3つ並んでいる四角いスイッチの真ん中、アルファベットのAと丸い矢印とOFF表示されているのがアイドリングストップ切り替えスイッチです。

車が停止中にエンジンを止めたいと思ってアイドリングストップスイッチを押して機能を復活させても、エンジンは止まりません。アイドリングストップしません。本当に必要だと思ったときにエンジンを止める手段がありません。実は手段がないわけではありませんが、交差点などの信号待ちで大元のエンジンスタートスイッチでエンジンを切った暁には、エンジン再スタート、システム再スタートまで大変な時間がかかってしまいます。一度試してみて、冷や汗、怖い思いをする羽目になってしまいました。実に不便です。なんのためのアイドリングストップ?

アイドリングストップ機能の実際の動作を観察して考え出した対策は、走行中に前方の赤信号待ちが長そうだとわかった時点で、減速中で車が停止する前までにアイドリングストップ切り替えスイッチを押して機能をオンにするやり方です。

このやり方の問題点

スイッチを押すのは車がまだ動いている最中でなければなりませんし、機能が復活するまでのタイムラグがあります。機能が復活してから車が停止してはじめてエンジンが止まってくれます。

押すタイミングが遅くて機能がオンになる前に車が停止してしまうとアイドリングストップしないんです。

うまく出来る確率は5分5分というところですが、やり方はよさそうに思います。

課題の抽出

私は街乗りが殆どになってしまったので、長時間の赤信号停止の機会は少ないんですが、それでもアイドリングストップをうまく働かせれば、2分程度は燃料の節約ができているかな。節約しないよりはしたほうがまし。

必要最低限のアイドリングストップを自分の判断で出来るようにならないか?そのために機能のオン・オフの切り替えが簡単にできるようにならないか? これが解決すべき課題です。

課題をさらに分析

なぜこの課題が出てくるかを分析しました。
スイッチの場所が悪いこと。手元からは遠くてハンドルの影になって見えません。

別の2つのスイッチと並んでいて、いちいち目で確認しないとスイッチが押せない。

前後の安全に注意しながら、体をすこし傾けてハンドルの右側面に手を伸ばしスイッチを確認しながら押します。

これでは、運転中に一時的でも前方から目を逸らさなくてはならなくて危険です。確認する時間の分だけタイミングも遅くなりがちです。

運転中でも安全にアイドリングストップの切り替え操作ができるようにする。

これで具体的な課題が見えてきます。
課題はスイッチを見つけやすく押しやすくすること。

では、どうすればよいか?

2cmぐらいスイッチの位置が手前に近ければ、運転中に前方を見ながらでも楽に手が届きます。あとは手探りでスイッチが見つけられるようにすることです。

具体的な対策

ここまで思案したら、具体的な答えを思いつきました。

スイッチ自体は押し込むような力は不要で、触るという感覚で押せば切り替わります。スイッチに簡単に触れればよいのです。なので、工夫といっても単純です。

1辺が2cmぐらいの立方体をスイッチの前に付け足します。

家の中を素材探ししましたが、適当なものが見つかりません。窮余の策として、木片を一辺が2cmぐらいのサイコロ状に切り出して、両面テープを貼ります。寸法がこれで充分かどうかの確認には使えます。

これをアイドリングストップ切り替えスイッチに貼り付けます。

試作品は見栄えは悪いですが、隣のスイッチと間違えずに手探りで楽に押せるようになりました。

アイドリングストップを切り替えやすくするという目的が実現できるかどうかについて、しばらく実際に走って使ってみて様子をみたいと思います。

アイドリングストップの切り替えを行うことがどの程度許容されるのかは不明です。バッテリーの消耗を抑える効果の代わりに、コンピューターが暴走したりして別の問題が起こらないか?、などと余計な心配もあることはあるんですが、そこは自己責任と割り切って、課題の解決に取り組みたいと思います。

余談

アイドリングストップ機能の長所短所、功罪とか、アイドリングストップ機能対応のバッテリーとはどういう性格のものなのかを関心を持ってこのふた月は思い出すたびにネット検索してました。以下しばらくはネットで知った知識と雑感です。

アイドリングストップ機能は低燃費基準をクリアーして優遇税制を受けるためにメーカーが苦肉の策で生み出したものというのが正体のようですね。

私の実感では、全体の燃料消費量さえ抑えられれば良い。実際の運転のしやすさ、心地よさのことは考えられていなかった。だから、記事の最初のところで書いたような、本当に止まってほしいときにエンジンストップさせられないヘンテコなものになってしまっている気がします。

機能は不要なので使わないとかいう記事は嫌になるほど目に付きますが、使いこなすための改善案は見かけません。

アイドリングストップキャンセラーはたしかにオフのままにしておけるという効果はありますが、私が抱えた課題(機能をコントロールする)ものではありません。早期につないでそのままにしてますが、がっかりです。

ガソリンの節約費と高額な専用バッテリー費用の差額はバッテリーのほうが断然高い。その分を優遇税制で補えて我慢させられていたというのが実情のようです。

つい2,3日前に知ったんですが、アイドリングストップ機能が廃止の流れが2年前からあるようです。トヨタのヤリスが不搭載の記事を見ました。自動車の性能がさらに良くなったので、アイドリングストップさせなくても燃費は良くなったからだそう。優遇税制もすでに終了したとか。

残されるのは、これからも高額のバッテリーの頻繁な交換を強いられるわれわれユーザーの負担だけのようです。無責任というか腹立たしい限り。

アイドリングストップの中古車を買ってしまった私に残された道は、すこしでもバッテリーを長持ちさせながら、ガソリンの消費もすこしでも減らす努力です。ガソリンが異常に高いままで安くなる気配もないですしね。

アイドリングストップ対応バッテリについての朗報

パッソに積んでいるバッテリーはM42/55B20L ECO.R Revolutionという製品です。

アイドリングストップ対応のバッテリーは高額ですが、性能も素晴らしいということが今日になってメーカーのサイトをみてわかりました。せいぜい長持ちさせていきたいと改めて思いました。

https://gyb.gs-yuasa.com/products/car/eco-r-revolution/

アイドリングストップをあまり使わなくても、高価なバッテリーの寿命は変わらないのではとか、返ってバッテリーの寿命を縮めてしまうのではないかとか、よくわからないための不安が私の心のなかでつきまとっていました。

サイトのページにはいろいろ良いことが並べてあります。
アイドリングストップ対応バッテリーは普通車に使っても問題ないことが明記してあります。従来バッテリーよりも長寿命であることが保証されていて安心しました。

例えば通常車搭載時の寿命指数250%超などという数字を見ると、パッソを必要最低限のアイドリングストップで使っていけばバッテリーを長持ちさせられるし、安心して使っていけるという裏付けが得られました。これから頑張る支えになります。

追記(2022/05/31)
わたしは趣味と健康維持のために温水プールに週に2回通ってます。途中に国道1号線を3kmぐらい挟み片道6kmぐらいの道を20分くらいかけて車で通います。今日も行ってきました。行きも帰りも右折待ちの1分半赤信号などの交差点でアイドリングストップを記事で書いたとおりに操作してそれぞれ2分以上のエンジン停止ができました。操作は前方からまったく目をそらさずに楽々とできました。想定通りの出来でした。これはいいかも。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加