痛風状態で尿酸値を下げる対処法

mediterranean-cuisine

痛風の発作は、体内に蓄積した尿酸結晶が剥がれ落ちた時に身体が反応して起こります。

そのため、尿酸結晶を体内に蓄積させないことが痛風の発作を予防するための一番の対処法になります。

尿酸結晶が蓄積しだしてもそれ以上増やさないことが大切ですし、尿酸結晶をゆっくりとなくすことができれば根本的な解決になります。

このページでは、尿酸結晶が蓄積してしまったあとの対処法について説明します。

尿酸値の目標値

血液中の尿酸値7.0㎎/dl以上を継続すると尿酸結晶が蓄積しだします。

一方で、尿酸値6.0以下を長期間継続すれば、尿酸結晶が血液中に溶けだす。それを体外に排出すれば尿酸結晶はなくなります。

長期間が具体的にどれだけかというのは難しそうです。個人差によるのと、説によって違いがあります。だいたい1年半から3年くらいの感じです。

とにかく、尿酸値6.0以下をずっと継続すればいいことになります。

尿酸値を下げるための対処法

尿酸値を高くした原因に思い当たる節があれば、それに対処します。

たとえば、お酒の飲みすぎであれば禁酒します。
太りすぎならば、運動したり食事の内容を改めます。

ただし、禁酒や食事療法では、せいぜい尿酸値を1.0下げられる程度との話もありました。私の場合は、尿酸値が7以上8近くが多かったかな。

尿酸値が高くなる原因には、体質的な影響によるのが全体の7,8割を占めるという話もあります。本当にそうであれば、自分の努力だけではどうしようもないことになります。

発作未経験者の場合は、禁酒や食事療法で目標値を達成することも可能とのこと。私の過ぎた日はもう帰ってきませんね。

一度痛風発作を起こしてしまうと、食事療法などだけでは目標達成は難しく、薬で尿酸値を下げる治療が必要なようです。

その理由についての説明は見当たりませんでしたが、”一度でも発作を起こしたということは、体内のほかにも尿酸塩結晶の蓄積が多数あるということなので、蓄積した尿酸塩を食事療法などだけで減らしていくのは困難だ”という意味にわたしは解釈しています。

私の場合は、体質的な影響が大きいのではと思ってます。でも、飲酒や食事の偏りも、かなりの影響があったとも思っています。

だとしても、やってみないことにはわかりません。

本気で禁酒を継続して、どれだけ尿酸値が下がるかをしばらく見ていきます。その結果をみて、医者と相談して薬物療法を視野に入れることにしました。

とにかく尿酸値を6.0以下にまで下げないことにはお話になりません。
これからの目標は尿酸値をなるべく早く6.0以下に持って行くことです。

70歳になるまでがまんして耐えるのもあり?

こんなうれしい?話がありました。

痛風患者は、30歳~60歳頃の方が圧倒的多く、70歳を超えると少なくなります。この理由は、尿酸産生量が、20歳~40歳頃に増加し、その後減少することが上げられます。60歳を過ぎると尿酸産生量が低下して高尿酸血症の頻度が減少することが報告されています。また、高齢になると免疫機能の低下により痛風発作自体を起こし難くなることも知られています。

私は7月で63歳になります。70歳まで乗り切れば、痛風発作に悩まされる恐れがなくなる?ということで、これも人生の目標にはなります。でも、再発する間隔がどんどん短くなっていく現状を思うと、70歳までの道はかなり険しそう…。

普通に生活できることの幸せ

普通に立ち上がれる、歩ける、腰掛けられる、横になれる、起き上げれる、これらの動きを実現するのに足のいろいろな部分が関わっていることが、痛風発作を経験するとよくわかります。

元気に歩く

普通に生活できることがいかに幸せなことか、痛風発作はその幸せを奪ってしまいますし、その幸せを実感させてくれます。

ここまでのまとめ

痛風発作の痛さやつらさについての情報提供が少ない。

痛風発作後の対処がとても重要で、放置すれば発作の再発は必ず起こるのだという情報提供が特に少ない。

血液の生活習慣病だけが注目され過ぎ。確かに心筋梗塞や脳卒中などは命取りで怖い病気です。それに比べて、痛風はたしかに命取りの病気ではありませんが、痛風発作の苦痛は耐えがたいものですし、生活に与える影響がとても大きい。放置するとどんどん悪化する病気だという認識が世間に広まってほしいと思います。

痛風は贅沢病だという迷信は払しょくすべき。今の世の中、身体によくないものほど手に入りやすくなっています。それに対抗するのは無駄な努力。のような気がしないでもありません。それよりも重要なのは、痛風は現代病の一つとして認知されるべきで、痛風がもたらす害や、痛風の対処法は広く世間に認知されていくべきだとわたしは思います。

体の中に地雷原(痛風発作の源)を抱えてこれからもずっと生きていくのはイヤだ!

Remember Pain of Tsufu!(痛風の痛みを忘れるな!)私の造語です。

気が緩みそうになったら、この言葉を思い出して、これからも気を引き締めて、痛風の発作再発防止に対処していきます。

痛風が痛くて大変

次の記事⇒断酒と運動と薬で痛風発作の再発を防止する


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。