whの発音はwかhのどちらかで発音しましょう

whの発音サムネイル

whがつく単語の聴き取りが難しいのはなぜか?その理由がわかりました。
whの発音は”ホワ”とか”ホエ”とか”フィ”ではまったくないんです。
たとえばクジラのwhaleを”ホエール”と頭に刷り込まていたから聴き取れなかったのです。
どう聴き取ればいいのかの詳細をyoutubeの動画で教えてもらえたので、要点を紹介(レビュー)します。

whの発音は二通り

whはほとんどがwと発音する

その例を列挙します。

  • what -> wat
  • when -> wen
  • where -> were
  • which -> wich
  • why -> y
  • white -> wite
  • whale -> wale
  • whales -> wales
  • Whitney -> Witney

へんてこな綴での表現になりますが、要はhを発音しないということです。

whをhと発音する

こちらは4つあって例外的という説明でした。

  • who -> ho
  • whose -> hose
  • whom -> hom
  • whole -> hole

こちらは、wを発音しないということです。

辞書で発音記号をチェック

ほんまかいな?、たしかに改まってこれらの単語の発音記号を確かめたことはありませんでした。

そこで、ネットの辞書でそれぞれの単語の発音記号をチェエクしてみました。

なるほど、英国式と米国式どちらも上記の通りで間違いありませんでした。

よく見ると、米国式の場合にwhの発音がカッコつきで表示されているものがありましたが、先生は”whを正確に発音するのは日本人には難しいので、hかwのどちらかを発音することに割り切りましょう”と言ってましたね。

感想

  • フーと発音するなかで”who””whose””whom”は覚えやすい。”whole”はなぜ?という感じ。全部wで統一してくれればいいのに……というのが最初の印象。
  • what、when、whyなどはw抜きで聞こえていたけれど、whという発音が正しくて自分には聞こえないだけだと思いこんでました。そうじゃなかったんだ。
  • せっかく正しい発音がわかったので、これをどうリスニングに活かそうか?とにかく頭からwhを追い出してしまおう。

先生のyoutube動画

実践でのリスニング

一応頭ではwhの発音は理解できました。
動画で紹介のあったフレーズ

Whitney wants to buy white wine.

を何度も練習してみます。

さらにもっと多くのフレーズでリスニングを試してみたいのですが、適当な素材がさしあたり思い当たりません。whを心がけてこれから耳に入る英語のリスニングをしていこうと思います。