英語の母音は正確に発音できるようになりましょう

母音の発音

英語のさまざまな母音「ア」を区別できるよう意識して練習する

英語には少なくとも4つのアがある

やさしい英会話が聞き取れないとか、意味が理解できないとか、お悩みのあなたに、わたしの聞き取り上達へのアプローチをおはなしします。

その道は、4種類ある英語の母音「ア」、特にそのうちの3種類を正確に発音し聞き取れるように意識して練習します。

日本語で「あ」はひとつしかありませんよね。ところが英語には、4つも!「ア」があるんです。

[a] [æ] [ʌ] [ə] ネイティブは、それぞれを正確に発音し聞き取ります。

4つの「ア」を聞き間違えてしまうと、たとえ会話の内容がやさしくても何を言ってるのかちんぷんかんぷんになります。

4つの「ア」を間違えて発音してしまうと、相手には何を言っているのかがわからなくなります。”日本人の英語はなにを言ってるかわからない”と言われたりしますが、4つの「ア」を日本語の「あ」で発音してしまうことに、原因のひとつがあります。

この4つの「ア」をどうしたら正確に発音でき、聞き取れるようになれるか?その方法を私の経験でお話しします。

母音のアを正しく聞き取る

私が母音の重要性に本当に気づいたのは、

ゼロからスタート リスニング―だれにでもできる英語の耳作りトレーニング」という本を使ってトレーニングをしていた時です。

P1030993

ゼロからスタート リスニング―だれにでもできる英語の耳作りトレーニング

たとえば、

That person is a madman.(あの人は向こう見ずです)
You have mud on your hands.(手に泥がついてますよ)

こんな例文がCDから流れてきて、それを書き取り、音声に続いて口に出す練習を繰り返します。

madman、意味は知りませんでしたが、あとについてなんとなく口に出せました。
mud、最初はなんといっているのかも聞き取れなかった。これも意味はわからず訳を見て納得。

練習している時は、CDの音声についてはいけるんですが、しばらくたって、もう一度やり直すと、同じところ、”mud”が聞き取れないんですね。”mad”と”mud”、両方の単語をカタカナのマッドで理解してしまうと、違いを聞き分けることも言い分けることもできません。

テキストの巻末には、”これだけは覚えよう!発音のまとめ”というコーナーもあります。日本人が発音しにくいと思われる子音と母音を17個まとめてあります。

その中で、4つの「ア」という小まとめがあり、
[a] [æ] [ʌ] [ə]それぞれの母音についての発音の仕方や、母音を含む単語が例示されています。

さきほど上げた例文の単語、madman[mæˈdmæˌn]と、mud[mʌˈd]とでは、[æ] と[ʌ]の区別がつけられないといけないんです。

母音の「ア」を正しく発音する

[æ] と[ʌ]の区別は一つの例ですが、英語の子音や母音の発音はとても重要だということに気づき、基礎に戻って英語の発音そのものについて理解し練習してみよう、そう思いました。

そこで、次に参考にしたのが、「英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)」という本です。

P1030992

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

この本は、英語と日本語の発音の違いとか、発音の勉強法の解説。さまざまな英語の子音・母音の発音を個別に練習できます。とりあえずわたしには、母音の「ア」について理解し習得する、という明確な目標があります。「ア」の習得だけでしたら数ページを練習すればいいので、それから取り組みました

発音記号が役に立ちます

聞き分けや発音するときの手助けとして、発音記号というものがあります。テキストには、それぞれの単語に発音記号が添えられています。

わたしは発音記号はなんとなく知ってましたが、それぞれをどう発音するのが正しいのかを理解できていませんでした。英語を正確に聞いたり発音しようとする意識に欠けていました。日本語と英語の発音は決定的に違うんだということがわかっていませんでした。

日本語と英語の違いを克服するための手段として発音記号を使い、その発音方法と聞き取りができるようになることで英語に対応できるようにする、と考えればいいわけです。

ひとつめの「ア」[æ]

madman [mæˈdmæn]

P1040001

[æ] 例 cat [kæˈt]
「え」から「あ」までいきおいよく音を変化させる。

 

ふたつめの「ア」[a]

body[baˈdi]

P1030999

[a] 例 body [baˈdi]
いきおいよく口を開けながら「ア」という。

これが意外に難しい。

あごを大きく下げて「ア」と発音し、「オ」という音も聞こえるようにする。
英語は、日本語とはちがって大胆に発音するのが大事ということが身に染みる母音です。

[a]と[æ]の違いも、単語によっては聞き分けにくい場合があり、難しい母音だと思います。

みっつめの「ア」[ʌ]

mud [mʌˈd]

P1040002

[ʌ] 例 cut [kʌˈt]
のどの奥で短く「あ」という。

意識すれば発音しやすいかも。

よっつめの「ア」[ə]

about [əbaʊˈt]

P1040150

[ə] 例 about [əbaʊˈt]
日本語の「え」くらいの口の開き方で弱い「あ」という。

力を抜いて口を開け、「ア」とも「オ」とも「ウ」とも言えないようなあいまいな音を出す。ということなので、他の3つの「ア」とは、ちょっとちがいます。「英語耳」では別な扱いでしたので、今回の集中練習の対象からはずします。

これからは、3つの「ア」、母音[a] [æ] [ʌ] を含む単語を繰り返し聞き、発音練習をします。CDの音を聴きながら、こんな感じかな?と発音を繰り返します。

3つの「ア」を聞き比べる

その練習の中でこの3つの母音を習得するのに効果があったのは、それぞれの母音が含まれる単語を聞き比べる方法でした。

聞き比べには2種類あります。

一つが、母音[a] [æ] [ʌ]が含まれる単語が順番に流れるのを聞きます。たとえば、hot[haˈt] hat[hæˈt] hut[hʌˈt]という具合です。これで、3つの母音の違いを聞き分けるんです。

もう一つが、単語に含まれる母音の並び順がランダムにしてあるもの。たとえば、luck[lʌˈk]  lock[laˈk]  lack[læˈk] mock[maˈk]  mack[mæˈk] muck[mʌˈk]とCDから続けて流れてきます。

ランダムにしてあると、どの単語がどの母音のものかを聞き分けるのがとても難しい。単語によっては、[a] と[æ]が逆に聞こえたり、[ʌ]が [a] に聞こえたり・・・

わたしは、これをもう50回繰り返しました。耳を澄ましていれば聞き分けられますが、なんとなく聞いているの状態では、まだ聞き分けられません。この母音たちの発音と聞き分けは、まだまだ道半ばです。

とにかく練習あるのみ。

3つの「ア」をそれぞれを繰り返し練習する

  • 口のあけ方、舌の位置と動き、声の出し方、それらを理解してから、CDの模範音声を聴きながら自分で発音してみる。
  • 自分の声を耳で聞く。
  • できれば自分の声を録音して、CDの音声と聞き比べてみる。
  • 模範の音声に近づくように、自分の口のあけ方、舌の位置と動き、声の出し方を変えてみる。
  • いくつかの単語で、練習する。

 

練習の成果の確認

ためしに、字幕の洋画をテレビで見たり、CNNやAFNのニュースを聴いたりしてみます。NHK総合テレビのニュースの副音声や、週1回のスチューデントニュース、BSのABCニュースシャワー、ワールドニュースアメリカ、スポーツ中継の副音声など、無料の素材がいくらでもあります。

それらを聞き流していると、聞き取れる部分がだんだん増えてくるのが実感できます。成果を感じながら、英語の情報に直接触れることができます。楽しみながら根気よく続けるのが一番の成功への近道かなと思います。

がんばります!

他の書籍や教材で発音方法を確認

「英語の発音が正しくなる本」

最近の英語教材をアマゾンで調べてみると、「DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本」が売り上げ上位になってます。気になったので、アマゾンから本を取り寄せました。

DVDが1枚、CDが2枚付いてます。テキストは200ページ余りあって、ちょっと分厚い感じの本です。

P1040143
「DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本」

気になるところをチェック。
[æ]については、「ア」の口の形で思いきりあごを下げて「エ」といいます。

[ʌ]については、口をあまり開けず、つまったように短く「ア」と発音します。

[a]については、指が縦に2本入るくらい口を大きく開けて「ア」と発音します。

とありました。

[æ]と[a]については、これくらい割り切るといいのかもしれないと自分なりに納得しました。

発音方法は本によっていろいろな説明があります。どれも結局は同じことを言おうとしているんでしょう。表現の難しさなのかもしれません。

いろいろ試してみて、自分が納得でき、そして聞く人に正確に伝えられる(ここが肝心!)英語の発音を身につけたいです!

「英語の発音トレーニングブック」

これは先日、書店で見つけて購入した本です。

発音の本
ネイティブ発音が3D映像でわかる! 英語の発音トレーニングBOOK DVD1枚CD3枚付き

発音学習の書籍でも、DVDで見せる教え方が2冊そろいました。割と最近になってからですね。

「英語の発音が正しくなる本」と「英語の発音トレーニングBOOK」を私なりに比較レビューした記事です。
⇒ 英語の発音が正しくなる本のレビュー・比較

「ネイティブスピーク」

書店で購入できるDVD本と比べると値段は高いですが、内容に惹かれて思い切って購入した教材です。画面に登場する講師のケイトリンさんの人柄がとてもアクティブで好ましい感じを受けています。
ネイティブスピーク
⇒ 通信販売で入手した教材でも練習していますの記事では、この「ネイティブスピーク」という教材を使った発音練習を紹介してます。

英語の母音の練習についての記事は以上です。

つぎは、

⇒ 英語の子音はしっかり発音できるようになりたいという記事で、子音の発音についての取り組みを書いてます。


英語の母音は正確に発音できるようになりましょう」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 英語の子音はしっかりと発音できるようになりたい

  2. ピンバック: リスニングは歌でマスター!いろいろな歌手のFly me to the Moonを聴く

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。