有川浩の一覧

有川浩の本

「図書館戦争」から「内乱」「危機」「革命」「別冊I,II」「レインツリーの国」とつづく図書館戦争シリーズから読み始め、「塩の街」「空の中」「海の底」の自衛隊三部作と続き、 … 続きを読む

植物図鑑(有川 浩)

植物図鑑 感想 「ノビルの球根が美味しい美味しい」とさやかが激賞するので、ぜひ食べてみたい。山菜だけでなく野草も上手に料理すれば美味しく食べられることをこの本で知らされま … 続きを読む

ストーリー・セラー(有川 浩)

感想 ”思考するたびに寿命が縮まっていく”ずいぶん奇抜な設定です。作家を続ければ死んでしまう。なぜそうなったかをその原因や経緯を作家の夫の目から詳しくたどっていく。 妻は … 続きを読む

ラブコメ今昔(有川 浩)

ラブコメ今昔 (角川文庫) 感想 書名があまりにもあまりにも甘いので、気恥ずかしくなって、この本はちょっと敬遠してました。でも有川作品で避けて通れない。「クジラの彼」を読 … 続きを読む

レインツリーの国(有川 浩)

レインツリーの国 (角川文庫) 感想 「図書館内覧」でキーアイテムとして出てきた本、「レインツリーの国」を実在させてしまうという作者の発想と、それも2冊の出版をほぼ同時進 … 続きを読む

クジラの彼(有川 浩)

クジラの彼 (角川文庫) 感想 「空の中」と「海の底」の後日談として楽しいし、自衛官の特殊な環境で育む純粋な恋愛小説として楽しむのもいい。ほんとに純粋っぽいのがいいですね … 続きを読む