有川浩の一覧

アンマーとぼくら(有川浩)

せせらぎの花

感想 読んでみて沖縄の自然の素晴らしさが伝わってきました。ぜひ訪ねてみたくなります。 リョウは「おかあさん」と一緒に沖縄を観光しているはずが、途中からだんだんおかしな感じ … 続きを読む

有川浩の本

有川浩の作品はどれもわかり易い言葉が選ばれていてとても読みやすいと思います。 「海の底」「空の中」「塩の街」「図書館シリーズ」どれもいい。これまで読んだだけでも20冊を超 … 続きを読む

キケン(有川浩)

花

感想 木登りをしたことがないとか鉛筆を小刀で削れない子供が増えたという嘆きがされたのは随分昔のことだったでしょうか?今も状況は変わらないのかな。テレビゲームで人を擬似的に … 続きを読む

キャロリング(有川浩)

感想 有川さんの得意なほんのりとでもちょっぴりほろ苦い物語です。登場人物に本当の悪人がいないのがいいですね。 会社が倒産するまでの日々の中で色々なエピソードを描く展開にな … 続きを読む

明日の子供たち(有川浩)

花

感想 有川さんの作品は、言葉が洗練されていてとても読みやすいので好きです。言葉に引っかからずにすんなりと読み進めていくことができます。この”明日の子供たち”もそのひとつ。 … 続きを読む

有川浩の本

「図書館戦争」から「内乱」「危機」「革命」「別冊I,II」「レインツリーの国」とつづく図書館戦争シリーズから読み始め、「塩の街」「空の中」「海の底」の自衛隊三部作と続き、 … 続きを読む

植物図鑑(有川浩)

植物図鑑 感想 「ノビルの球根が美味しい美味しい」とさやかが激賞するので、ぜひ食べてみたい。山菜だけでなく野草も上手に料理すれば美味しく食べられることをこの本で知らされま … 続きを読む

ストーリー・セラー(有川浩)

感想 ”思考するたびに寿命が縮まっていく”ずいぶん奇抜な設定です。作家を続ければ死んでしまう。なぜそうなったかをその原因や経緯を作家の夫の目から詳しくたどっていく。 妻は … 続きを読む