TOEICテストリスニング編の私なりの直前対策

Windows Media Player画面

大げさなタイトルですが、公式問題集のリスニングのCDを何度も聞きなおすことをやりました。ただ聞き流すのではなくて、自分が答えを間違えたところだけを選んで繰り返し聞きます。

正解だったところは、何度やっても間違える可能性は低く、それを何度やっても時間の無駄になります。それに対して、間違えたところには、何か自分の弱点があるはずなので、そこだけに時間を集中して聞き取れるようにしようというのが狙いです。

CDを最初から終わりまでただ聞き流しているだけでは、1回聞き終えるのに何十分かかかります。が、このやり方ですと、短い時間で、何度も繰り返すことができます。直前対策としては効率が良いと思います。

この練習をやるために押さえておきたいポイントが二つあります。

スポンサーリンク

再生用プレイヤーを使いこなせるようにしておく

一つは、CDの音声をパソコンに取り込んでおき、自分が再生したいパートを任意に選べるようにすること。

パソコンですと、Windows Media Playerに取り込めば、聴きたいところを自由に選ぶことができます。
Windows Media Player

また、私が普段使い慣れたおすすめのフリーソフト、VLCメディアプレイヤーで再生すれば、再生速度を速くしたり遅くしたりすることも簡単にできるんですね。

vlcplayerToeicCD

聴きたいところだけを何回も繰り返して再生できるように、普段から再生ソフトに慣れておく、これが限られた時間で効率よくおさらいをするための準備として大切です。

回答を間違えた問題番号を控えておいて、いつでも見られるようにしておく

もう一つは、自分が答えを間違えた問題の番号を記録しておき、あとで確認できるようにしておくこと。このためには、テキストの正誤表の問題番号の横に、間違えた問題にはバツ印をつけておけばよいです。

正誤表にチェック

何度か繰り返して解いてみても、どうしても間違えてしまう問題というのがいくつかは出てくるものです。それが自分にとってのウィークポイントだということを認識して、何度も何度も繰り返し解いてみたり、何が原因で溶けないかをしっかり把握しておくことが、本番で1問でも正解数を多くできる可能性が高まります。

以上の二つを直前対策としてやりました。これだけで、短時間で復習ができてとても効率が良かったと思っています。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。