英語で聴き取れないところを繰り返し音読してみよう

CNN10という10分間の英語のニュース番組を録画して視るのが日課になりました。
10分間という時間は短いようですが、集中できるので達成感が味わえます。

しばらく続けて視て、英語が前よりはよく聞き取れるようになった気がしてきました。
自分の英語力が少しは上がったかな?チェックしてみよう!

TOEIC公式問題集の練習テストをやってみてチェックしてみます。
TOEICの受験用に使ったのを再利用します。

結果は100問中75問正解。

前にやったときに不正解だったのが正解できたり、その逆もあります。

CDから流れてくる英語がかなり聞き取れるという実感はあります。
でも後半になるにつれて、集中力も途切れてきました。

まずいと思ったのが、前回と今回の2回ともに不正解の設問があることです。

画像では設問番号と左にそれぞれ×印が付いています。
たとえば設問の18,19,21,22です。

解答シート2
 
この意味は、聞き取れない設問はいつまでも聞き取れないということ。
言い換えれば、わたしの弱点です。

このまま放置すると、いつまでも弱点のままです。

何とかしよう。

そこで、CDで該当する部分を何回も聞きなおすことにしました。
聴き取れないですね。
テキストを見ながら聞いても、ついていくことができません。

声を出してそこの文を読んでみます。
始めはつっかえます。それでも5,6回読むと、何とか声に出してつっかえずに読めるようになります。

そこで、ふたたびCDを再生します。 聴き取れます。

声に出して読めない、つっかえるということは、口の中の動きがスムーズでない、舌の動きがついていけないということです

それぞれの正しい発音を意識しながら、つっかえないようにだんだん速く、かつ強弱を意識して読むと、CDの音声に近づけるようになりますね。

間違えた25の設問について、同じようにやってみました。

この作業は、正直つらく面白くありません。
でも、確実に聞き取れるようになるという成果が得られます。

英語で聞き取れないところがあれば、そこの部分を集中して正しい発音を意識して音読する。

最初はゆっくりでよいので、つっかえないように強弱もつけて読む。それを何度も繰り返す。この方法がおすすめです。


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。