えいご工房の紙面が読みやすく変わりました

えいご工房紙面

読売新聞日曜朝刊で連載されている英語のページの構成が4月5日に大きく変わりました。
ニュースの英文の文字が大きくなって読みやすくなりました。

変わった点

  • えいご工房のスペースが紙面の約4分の3から半分に減少。
  • 3つの要素、ニュース・社説・トラベル英会話の配置替え。
  • 英文ニュース関連のスペースが約3割減。
  • 英文ニュース関連のタイトルが変更。
    ”NEWS of the week 注目のニュース”から、”ニュースの英語+plus 英文記事を読んで語彙力を高めよう”に。
  • 引用される英文の分量が半分ぐらいに。
  • 英文ニュースの英文の文字サイズが大きくなりました。
  • 解説が、ニュースの内容も含めた割と広いものだったのからフレーズの解説に絞られました。

えいご工房全体

感想

  • 最初の印象は、スペースが減ってちょっとがっかり。
    読み終えて感じたのが、”情報がコンパクトに収まっているのでこれもありかな”でした。
  • 最初に目を通すトラベル英会話が紙面の真ん中に来て目立ちます!?
  • 英文ニュースのパートはスッキリして読みやすくなりました。
    英文、和訳、解説が横並びなこと。

    英語ニュース

    英文の文字が大きくなったこと。
    解説が英文の順番に並んでいるので参照しやすくなった。
    解説が、”語彙力を高めよう”という目的に沿っています。

  • 全体のスペースが減ったことについては賛否両論がありそうですね、
    私は読む負担が減りました。
    以前は一通り目を通すのに30分ほどかかって、読むのにちょっと気合が必要でした。
    今回は、20分ほどかな。手頃かもしれません。

最新の話題の英語に触れられて便利です。次回以降も読み続けていこうと思います。


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。