視る

CNN10に流れる字幕をひたすら追いかける

CNN10top

発音ができるようになったらリスニングの次のステップへ

英語の母音と子音の発音やリスニングがある程度分かって自分でできるようになると、ゆっくりと発音される英会話はかなり聞き取れるようになります。次はナチュラルスピードの英語を聞き取れるようになりたくなります。そのためには何をすればいいかを、ここでお話ししていきます。

ここでナチュラルスピードというのは、英語のニュースで普通に流れる会話の速さとします。

英語ネイティブの会話は、とにかく速く話されるものと思いがちです。たしかにホントに早口で話す人もいますが、ほとんどはそれほど速くはありません。

速さよりも、英語独特の、話の中での音声の強弱や、言葉を省略したりくっつけてまるで別の発音に変わる”いわゆるリンキング”のせいで、英語は聞きとりにくいとか速いと感じさせられる場合が多い。

話される言葉を順に全部聞き取ろうとすると、急に聞き取れなくなって、必ず途中で置いていかれます。知らない単語に出会う場合も多いですが、実際には、知っているはずの単語が聞き取れていなかったり、リンキングに出会うことが多い。

英語のつづりを見ながら英語を聞く

そこで、突破口の一つを紹介します。

知っているはずの単語を聞き取れるようになるには、字幕でその英語のつづりを見ながら聞くのが即効性があります。「ああ、この単語はこういうふうに発音されるんだ」と実感でき、その時点でその単語が自分の身につきます。

ナチュラルスピードで話される字幕付き英語放送を視ながら、字幕に集中しながら英語も聴く。知らない単語はとりあえず無視し、リンキングの部分を飛ばして(字幕を追いかけていると急に先に飛ぶ)、最後まで字幕を追いかける。そうして聞き取れた部分から、文全体の意味を理解できるように努める。これを続けると、知っていた単語を聞き取れる機会もどんどん増えていきます。

こうした”訓練”を続けると、英語のリズムに慣れて、字幕を追いかけることが段々苦痛ではなくなってきます。いちいち日本語に置き換えずに意味を理解できる感じもつかめてきます。

CNN10の英語の字幕は訓練にうってつけ

その訓練の教材にうってつけなのがCNN10です。NHKの放送ではCNNスチューデントニュースという番組名です。平日に1日2回放送がありますが、1回目の放送がちょくちょく中止になり字幕がなかったりします。15時10分からの2回目の再放送の時間帯では字幕が流れます。字幕が見やすいのでわたしは好きです。

訓練方法

とにかく英語の字幕を目で追いかける。もちろん音声も耳に入れながらです。

始めは字幕の最後まで追いかける前に次の字幕に切り替わってしまいます。とてもついていけません。

そのわけは、いちいち英語の単語を読んでいるからなんですね。その単語が知らないものだとそれを読んでいるうちにそこで止まってしまう。こういう時は、さっさとあきらめて先に進みます。

英語は、ある部分はすっ飛ばしてしまう(そのように聞こえてしまう)し、その反対にやけにゆっくりと発音している部分があったり。このリズムというか、メリハリというかが、日本語とは全然違います。

その感覚を自分でつかむのがナチュラルスピードに慣れるためにはとてもたいせつだと思います。

こういったことを踏まえながらとにかく量をこなしていく。ただ聞き流すだけではいけません。番組の最初から終わりまで実質は9分間ぐらいですが、字幕を追いかけるのに集中するのがいいのです。

続けているうちに、字幕を追いかけるのにだんだん慣れてきます。聴こえてくる音声と字幕の文字が一致する部分が段々増えてきます。

何十回か続けていると、MCのアズースさんのクリアーな発音が聞こえてきます。たまには、アズースさんの子音の発音、たとえば、それまで聞こえなかった”it”が聴けてうれしくなったり。そういう自分だけの幸せを感じられます。

ただ聞き流すのではなくて、集中して聞き流す

同じ番組を繰り返し聞けば、効果が高まるでしょう。ただ、そればかりやっているのでは飽きてきます。
番組はどんどん新しいものが供給されています。あまり堅苦しく考えないで、撮りためて、3日分とか1週間分をまとめて視る。私はそうしてます。わずか10分間といえ、毎日続けるというのは結構苦痛ですからね。慣れてきて楽しくなってから、毎日見ればいいのです。

リスニング力を上げるための、集中と量をこなす方法のひとつをご紹介しました。
MCのカールアズースさんは番組の最後に、たぶんジョークを交えて?一気にしゃべります。これを読み取るのはなかなか大変です。そのうちいつかわかってあげましょう^^!

英語DVD教材をパソコン再生で使いこなすコツ

アイコンを追加

 アイコンを追加してVLCメディアプレイヤーを使いこなす わたしは、”ネイティブスピーク”というDVD教材を使って発音の練習に取り組んでいます。 DVDの内容は、いくつかのパートに分かれており、それぞれのパートごとに細か … 続きを読む