ディズニーの英語をたくさん読もう

ディズニーの英語をたくさん読むタイトル

ディズニーの名作を英語でたくさん読んで英語力を高めましょう。

英語の物語を読む

一般に販売されている音声付きの英語教材を探しました。映画のシナリオをさがしましたが見つかりません。中古書店にたまたま置いてあったのがディズニーの英語シリーズの3冊でした。

いまさらディズニーという気がしないでもありません。ディズニーはやさしい英語だという固定観念があります。でも他に選択肢がないので買いました。その後は積んだままでしたが、せっかく買った本なので、使わないのはもったいない。

いざ始めてみると、決してやさしくはありません。日常会話のようなスピードで流れる音声。文章は全部読もうとするとボリュームがあります。

あらかじめ本を読んで内容を理解してから英語の音声を聴く。英語が一層よく聴こえます。これはシナリオを読んでから映画を観ると英語がよくわかるのと同じです。

物語をたくさん読むことで、たくさんの英語に触れられるメリットは大きいです。

ディズニーの英語を教材にする理由

入手しやすい

英文付きの英語の音声教材はありそうで意外にすくない。
CD付ディズニーの英語は20冊もの作品が出版されてきています。一般の書店のほかに私のように中古書店で入手したり、ネットで手に入ります。

シンプルで親しみやすい

英文は主語+動詞のあとにやたらと修飾語が追加されていきます。読んでいくうちにわけがわからなくなるようだと途中で嫌になります。わかりやすい内容が好ましい。その点でディズニーの作品は単純明快なはずです。

題材が名作だったり映画化されたものなので、内容が親しみやすい。読めば読むほど親しみが増してきます。なんとなく知っているつもりだったディズニーの物語が、きちんと理解できるのが楽しい。物語の本当の楽しさ・奥深さを知ることができます。シンデレラを使ってみてそう思いました。

英語学習用になっている

3,4冊をざっと聴いてみると、男性の声、女性の声で読み手は異なります。いろいろな英語が聴けます。

音声は普通のスピードで読まれている感じで、黙読でもついていけなくなるスピードです。チャレンジしがいがあります。

作品について

後日3冊を追加しました。これでわたしが現在入手しているのは6冊です。

ディズニー6book

冊数が多いので、まずは通読でそれぞれの作品をレビューしていきます。シンデレラについてはすでに別の記事でレビューしました。自分の英語の練習に特に役立つと思った作品については、何度も練習を重ねて記事にレビューを追記していきたい。多読で楽しみながら英語を学びます。

シンデレラ

シンデレラ本とDVD

ストーリーが短く絵本を読むように親しみやすい本でおすすめ。現在は入手困難で残念です。増刷されないかな。

アナと雪の女王

アナと雪の女王本とDVD

一時は大ブームでしたね。当時なんとなしに映画は観てはいましたが、本書を読んでみてストーリーがよく理解できました。

ミッキーマウス

ミッキーマウス本とDVD

キャラクターはあまりにも有名です。映画は無声映画だったような記憶がありますが、本書には数々の名作のストーリーが収録されています。未読。

  1. 魔法使いの弟子
  2. ハローウィンのおばけ
  3. 王子とこじき
  4. ミッキーと豆の木
  5. 靴屋さんと妖精たち
  6. ジンジャーブレッドマン
  7. 赤ずきんのミニー
  8. 賢者の贈り物

ファインディング・ニモ

ファインディング・ニモ本とDVD

キャラクターはおもちゃ屋でよく見かけました。未読。
ファインディング・ニモを始めとした以下の3作品を収録。

  1. ファインディング・ニモ
  2. モンスターズ・インク
  3. リロ&スティッチ

眠れる森の美女

眠れる森の美女本とDVD

音声がCD2枚の大作。どんな感じで物語が展開していくんだろう?未読。

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル本とDVD

2017年初版発行。どんな話かはまったくわかりません。未読。

やるぞという意気込みを込めてとりあえず簡単な紹介でした。今回の記事はここまでです。