おもてなしの基礎英語で使えるキーフレーズを増やす

おもてなしの基礎英語

NHKの「おもてなしの基礎英語」は10分間の番組で毎回一つのキーフレーズを中心に学びます。
「こんなときには何ていうの?」という問いかけで始まり、「何ていうんだろう?」と考えさせてくれます。

キーフレーズは、知っていたり知らなかったりが毎回まちまちです。
たとえば、
No way.(まさか)とか、
I’d rather not…(やんわりと申し出を断るには)や、
it’s no big deal.(たいしたことはないと言う)
自分で使いこなせるようになりたいなと思わされるものがほとんどです。

放送時間
放 送:月~木曜日 午後10:50~11:00
再放送:火~金曜日 午前10:15~10:25
再放送:火曜日(月曜深夜) 午前1:00~1:40(4回分)


内容について

私は4回まとめて再放送の分を録画してみています。

主人公の早苗が運営するゲストハウスを訪れる外国人とのやり取りが見られます。
キーフレーズを交えてストーリー仕立てになっており、お話の内容も日本人として再確認できます。

生徒の一人、三田寛子さんに時々出てくる天然さが、番組を癒し系にしてくれているみたい。
これが演出だったらすごい。きっと自然に出てくるんでしょうね。

この時間帯で前に放送されていた「おとなの基礎英語」とは雰囲気が変わりましたが、
気楽に時々微笑みながら毎回見続けることができます。

番組で流れるドラマ(ストーリー)には字幕は出ません。

ポイントの部分は、字幕付きで繰り返しされます。
ドラマ全体で何を言っているかをしっかり理解したい場合は、市販されているテキストを購入するのが良いです。

キーフレーズのリスト

番組で取り上げられたキーフレーズの意味と英文を対応させたリストを作ってみました。
⇒キーフレーズの意味と英文のリストはコチラ

これって英語でどういうんだろう?
キーフレーズの意味だけを表示したリストも用意しました。
⇒キーフレーズの意味だけを表示したリストはコチラ


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。