おもてなしのキーフレーズを身につけたい

おもてなし基礎英語

NHK[おもてなしの基礎英語」を録画して視聴を続けています。
1年間の放送予定なので9月末で半分まできました。

番組では、ゲストハウスを運営する早苗やスタッフと宿泊客とのあいだで様々なエピソードが繰り広げられ、おもてなしに使えるキーフレーズを学びます。

エピソードの内容は興味深く、三田寛子さんを始めとする出演者全員のやり取りがふんわりとしていて、とても楽しめます。

番組は「こういう場面でこういう内容のことを英語でなんて言うの?」から始まります。番組MCのハリー杉山さんからヒントを貰いながら、出演者(三田さんと向井慧さん)がそのキーフレーズを考えます。講師の井上逸兵さんがキーフレーズの正解を示して解説をしてくれます。

視聴者も一緒に考えられます。
取り上げられるキーフレーズは、難しい言い回しではないんですが、日本語の意味から考え始めると導き出すのは結構むずかしい。

取り上げられるキーフレーズは、「想定された場面に出会えれば、使えるようになりたいな」と思わせられるものが多いですね。

スポンサーリンク

キーフレーズを身につけるには

番組を見ながら練習しただけでは身につきません。
出演者が番組の最後で使う場面を想定して練習しています。これはなかなか良さそうですね。自分でもこういう機会が持てたら覚えられるし忘れないだろうな。

キーフレーズ集の改良版を作ってみました

相手を見つけて使うという場面を作るのはちょっとむづかしいので、次善の策。

とにかく覚えてしまおう!
英単語帳のようなものを作って暗記してしまおう!

というわけで、そのための道具を作りました。キーフレーズ集です。

このサイトにそのキーフレーズ集を載せています。
これまでに94回目までのキーフレーズを追加しました。

キーフレーズ集は2つあります。
ひとつは日本語の意味と英語の「キーフレーズ集(日英対比)」
ふたつめが、日本語の意味だけの「キーフレーズ集」改良版です。
->キーフレーズ集(日英対比)
->キーフレーズ集

キーフレーズ集には、意味ごとに押しボタンが付けてあります。
並んだボタンのどれかをクリックすると、そこの意味がキーフレーズ(英語)に置き換わります。

2つ目の表の見せ方に改良を加えました

ボタンを押すと画面が表の頭に戻ってしまいます。
表の後ろに行けば行くほど、いちいち画面をスクロールしなくてはなりません。

なので、意味とキーフレーズが表の頭の部分にも表示されるように改良しました。

私が使っているiPhone5Sのような小さな画面でも使いやすくなったと思います。

ページのトップメニュー”フレーズ”が、キーフレーズ集へのリンクです。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。