空の中(有川 浩)


空の中 (角川文庫)

[感想]

有川さんの著作を続けて読んでます。楽しい。今回は「塩の街]に続く作品。
高度2万メートルに浮かぶ、巨大な楕円形の生物が物語のメイン。[白鯨]と名付けられたその生物と人間との出会いから戦い、そして共存への模索とストーリーが展開します。
そこに有川作品では定番の、少年少女が関わっていきます。高校生ぐらいの年代ならではの純粋さが主軸です。
物語の展開は少し複雑で簡単には書けないのが残念。
この巨大生物がどのようにして生まれたのかとか、あらゆる波長を操れるようになったかとか、一応陸続けしてあるのが作者の親切心なんでしょうね。
お話が簡単に飛躍するのは、この作者の持ち味。でも読みやすい。
気楽に読めて好きです。(2018.08.19)
:本の表紙の画像をクリックすると商品ページへ移ります

ネットショップへのリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。