浅田次郎の本

いろいろな分野の著作があってひとことでは表現できません。
「きんぴかシリーズ」「プリズンホテル」「天切り松シリーズ」などのピカレスクロマンは著者の独壇場。
「地下鉄に乗って」「天国までの百マイル」「鉄道員」のようなSFというかメルヘンっぽいのもいい。

浅田次郎の著作で読んだ本へのリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。