大沢在昌の本

大沢在昌といえば「新宿鮫シリーズ」を挙げないわけには生きません。男の生きざま、かっこいいです。「アルバイト探偵シリーズ」のようなちょっとコミカルな作品も好き。「夜明けまで眠らない」「心では重すぎる」「走らなあかん、夜明けまで」などもう一度読み返してみたくなります。

大沢在昌の著作で読んだ本へのリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。