初めて見る英単語をたくさん覚える

MP3レコーダー画面

もっと英語を聴き取れるようになりたくて、このごろは自分がわかる英単語を増やす取り組みを続けています。今回は、これまで知らなかったたくさんの英単語を覚える取り組みについて振り返ってみます。

使っている教材は、「TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ」です。

金のフレーズ表紙

一番難易度が高い990点レベルのパートに収録されている見出し語(英単語)100語を集中的に覚えてみます。

金のフレーズ990点レベルページ

実際には、92語が未知のものでした。

通常の取り組み

最初の取り組みは読み方を調べること

発音記号などを見ながら読み方を確認することから始まります。

意味を理解する

日本語でも馴染みのない見出し語も出てきます。

単語帳で何度も暗記を繰り返す

見開きの右ページを見ないようにしながら、左ページの日本文を見て、該当する英語の見出し語が言えるようにします。

見開きページ

この練習を3度くらい繰り返すと、わからない見出し語が44個まで減らせました。

見出し語のチェック

英語のフレーズや日本語をノートに書き写す

わからなかった見出し語の英語フレーズとその日本語をノートに書き出す、手を動かして覚えようとします。残念ながら効果はありません。

音声を何度もくり返し聴く

ダウンロードした音声ファイルの内、このレベルの部分100語を繰り返し繰り返し、散歩しながら聴きます。

MP3レコーダー

音声は、「見出し語→日本語→英語フレーズ→英語フレーズ(繰り返し)」で、次々と新しい見出し語が再生されていきます。
1回通して再生するのに約15分、1時間散歩するうちには3回聴くことができます。

集中して取り組む

音声を5,60回聴く

毎日何度も繰り返し聴いているうちに、シャドーイングができる見出し語が増えてきます。残り10語くらいになりました。

見出し語と意味が自然に思い浮かぶようにする

覚えられない10語くらいは、結局は見出し語そのものも意味も覚えられません。
日本語の意味そのものも、普段あまり経験しない情景なことが原因の一つかもしれません。
こうなれば、無理やり身体で覚えるしかありません。
この10語だけを、繰り返し練習しました。
なんとか見出し語が自然に頭に思い浮かぶようになりました。
しばらく時間をおいて、また練習です。

残り3語くらいになりました

一晩時間を空けるとどうしても忘れてしまうものはあるように思います。

他のレベルの見出し語の復習練習もやらねばなりません。とりあえずこのレベルの就留練習は一旦終了します。


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。