字幕を集中して追いかけるのがリスニング上達のコツ

CNN10top

header image learn

英語のゆっくりした会話だと聞き取れるけど、ニュースだとしばらくするとついていけなくなる。そんなレベルの
人にはヒントになるかもしれません。

それは、字幕の英語の文字に集中して、意味なんかいちいち考えないで、とにかく聴こえてくる英語の発音に遅れないように追いかけていくこと。

CNNスチューデントニュース、オリジナル放送では”CNN10”とタイトルが変わりましたが、10分間のニュース番組です。

この番組のいいところは、英語の字幕が流れること。

音声を聞いているだけでは、聞き取れないところでリスニングがストップして、そのあとは全然追いかけられなかったということがたびたびあります。

そこで私が考えたのが、とにかく字幕を追いかけることに集中するという方法。

最初は、字幕を最後まで追いきれずに、どんどん次の字幕に切り替わっていきます。

その時どうするか?

繰り返しになりますが、英語の文字に集中して、意味なんかいちいち考えないで、とにかく聴こえてくる英語の発音に遅れないように追いかけていきます。

英語というのは面白いもので、ある単語ではとてもゆっくり発音するし、発音もしてないんじゃないかと思えるくらいすっ飛ばすところもあるし、たまには、しっかり発音しているのが聞こえてくるのがうれしかったり。集中して聞くといろいろな気付きがあります。

わずか10分間の放送ですが、集中して聞くには適当な長さです。その撮りためた放送を、最初は3つとか続けて聞いてみて少し感触をつかみました。20ぐらい聞いてみると、ずいぶん聞き取れる力が上がった気がします。

英語の正しい発音を理解して、ゆっくり目の英語のリスニングができるようになってきたあなたには、おすすめの方法の一つだと思います。


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク