大沢在昌の一覧

風化水脈(大沢在昌)

感想 本書を読むと新宿の街の生い立ちや地理的な成り立ちに詳しくなれます。ガイドブックをようです。知っている町の名前や通りの名前が出てくるたびに、街の詳細地図を片手にして読 … 続きを読む

氷の森(大沢在昌)

感想 ”「新宿鮫」へとつながる大沢ハードボイルドの原点”とのことを読み終えて知りました。人が多く死にます。主人公の緒方は麻薬取締官を退職して私立探偵をやっていますが、緒方 … 続きを読む

狼花(大沢在昌)

赤い花

感想 本作品の読みどころは、外国人犯罪を撲滅するために警察と暴力団が手を組むことを目指すエリート警官・香田の考えと、孤高の刑事・鮫島の考え方が真っ向から対立するところです … 続きを読む

絆回廊 新宿鮫X(大沢在昌)

絆回廊 新宿鮫Ⅹ 感想 22年間服役し、警察官への復讐の思いだけの男の行動と、薬物の仕入れの話とが絡み合って、ややこしい話が続きます。 鮫島と晶との恋は続いていますが、鮫 … 続きを読む

陽のあたるオヤジ(大沢在昌)

陽のあたるオヤジ (集英社文庫) [感想] 新宿鮫から始まって中古本は読みつくしてしまってました。ようやく旧新刊?が出始めましたね。久しぶりに大沢さんの本を読みました。 … 続きを読む

天使の牙(大沢在昌)

天使の牙(上) (角川文庫) 天使の牙〈下〉 (角川文庫) [感想] まさにノンストップエンターテイメントの一つ。上巻の終わり辺りから下巻の最後まで読み終わるのが惜しい感 … 続きを読む

影絵の騎士(大沢在昌)

影絵の騎士 (集英社文庫) 感想 [感想] ケンがよく状況がつかめないままに行くところどころで事件や殺人が起きていく。読者もよくわからないままストーリーが進んでいく。近未 … 続きを読む

野獣駆けろ(大沢在昌)

野獣駆けろ (集英社文庫) [感想] 福井晴敏さんのガンダムUCシリーズを読み終えた直後だったせいもあってか、大沢さんの著書を久しぶりに読んだのだけど、ずいぶん読みやすく … 続きを読む