瞬間英作文トレーニングで次に取り組むテキストです

瞬間英作文の応用編テキスト紹介のタイトル画像

はじめに:

瞬間英作文トレーニングを1年近くやりました。さらに実力アップをめざして応用編の「瞬間英作文基本動詞トレーニング」のテキストと、基礎力を着けるための「音読パッケージトレーニング」のテキスト2冊、そして英語の感覚を身につけるための「英語のニュアンス図鑑」を買いました。その紹介です。

これまでの練習で感じた課題

瞬間英作文のテキストの「どんどん話すための反射的に言える瞬間英作文トレーニング」と「スラスラ話すための反射的に言える瞬間英作文シャッフルトレーニング」を使って練習をしてきました。

“瞬間英作文トレーニングを続けてみた感想です”へのリンクです。

練習を通じて感じた課題のひとつは、著者が強調していた音読トレーニングで基礎力をもっと積む必要性です。様々なパターンの英語を即座に口に出せるようにするには、そのために用意された教材の英文をたくさん音読して身につけることが課題だと感じました。

もうひとつ感じたことは、英語ではニュアンスの違いで使われる言葉が変わる、その選択肢が多くあるということです。このことに気づき、英語のニュアンスをしっかり身に着けることを、今後の2つ目の課題にします。

音読トレーニング用に購入したテキスト

近所に初中級者用の英語のテキストが充実している書店があります。そこには「どんどんー」と「スラスラー」のテキストが常備してあるんです。それで音読トレーニング用のテキストもないかと見に行きました。著者の森沢洋介氏の著書がいくつか並んでます。音読用のテキストもありました。

「音読パッケージトレーニング」こちらが音読用の最初のテキストのようです。9つのストーリが収録され、それぞれのストーリーを見開きページでいくつかに区切った文章が例題です。順番に音読のトレーニングをしていく構成です。2009年初版で2021年31刷を入手しました。

音読パッケージトレーニングのテキスト表紙
音読パッケージトレーニングのテキスト表紙

「音読パッケージトレーニング中級レベル」、こちらが次に出版されてます。見開きページごとに短い文章(パッセージ)が掲載されており、全部で90パッセージが収録されています。2021年初版を入手しました。

音読パッケージトレーニング中級のテキスト表紙
音読パッケージトレーニング中級のテキスト表紙

一見して中級レベルのほうが文章が短くて初級用に感じられましたが、中級レベルのテキストには高校レベルの文法や構文が使われた例文が収録されているそうです。

どちらを買おうか迷いましたが、両方買っちゃいました。積読にならなければいいけど。

英語のニュアンスを身につけるために購入したテキスト

英語のニュアンスを身につける必要があるという認識については、このテキストの内容をパラパラと眺めてみて改めて感じました。自分が用語の使い方や選び方で迷ってしまうことが、全てこのテキストに解説してあったからです。英作文の練習をしているときに、言葉の選択で紛らわしく感じられるのは、英語のニュアンスから来る問題のようです。書店でパラパラと最初から最後までページを捲ってみてそう確信しました。2020年初版で2022年10版を入手しました。

英語のニュアンス図鑑のテキスト表紙
英語のニュアンス図鑑のテキスト表紙

テキストは、名詞、動詞、助動詞、形容詞、副詞、前置詞・接続詞の6章で構成されてます。見開きページごとにコアラのこあたんとカンガルーのるーたんのかわいいイラストに添えてわかりやすい解説がされてます。この図鑑をわたしのベッドサイドリーディングのお供にします。気軽に読めるこのテキストだったら、おそらく一月ほどで一読できるでしょう。

英語のニュアンスを身につけるための格好の英語番組

英語のニュアンスを伝えてくれる格好の英語番組が現在放送中です。NHK Eテレの「英会話フィーリングリッシュ」です。ネイティブがよく使うフレーズを紹介してくれています。英語での微妙なニュアンスと実際の使われ方を二つのドラマで教えてくれるのが番組の特徴です。

この番組はビデオに撮りためてありました。途中で少し抜けてしまった放送分もありましたが、最初から現在までを通して全部を斜め視してみました。番組では練習、練習、練習が大切と強調しているのに斜め視なんて、不真面目な受講生です。それでも番組の目的とその有益さはとても伝わりました。この番組をしっかり活用するのも、英語の気持ちやニュアンスを身につけることに貢献してくれそうです。

瞬間英作文の第3ステージのテキスト

瞬間英作文トレーニングをやっていて感じた英語のニュアンスの問題の他にも、さらに克服していかなければならない課題があるようです。書店で目に入った「バンバン話すための瞬間英作文基本動詞トレーニング」です。

基本動詞、get,give,put,take,go,come,make,have,do,keep,let,see/say,beについて、様々な例文を練習するようです。ようですと書いたのは、勢いで買ってしまって中をよく見てませんでした。2018年初版2023年9刷を入手しました。このテキストに着手できるのは当分先のことになりそうです。

瞬間英作文基本動詞トレーニングのテキスト表紙
瞬間英作文基本動詞トレーニングのテキスト表紙

今回勢いで?買ってしまったテキストたちを全部こなせるのは一体いつになるか?来年のお楽しみですね。

実力を確認してみる

今年行った瞬間英作文トレーニングで、英語の放送が聴き取りやすくなった、英文を読みやすくなったという自覚はあります。そこで、今の実力はいかに?

ずっと積読してあったTOEICテスト新公式問題集Vol.4に付属していたCDを流してみました。

TOEICテスト新公式問題集Vol4の表紙と添付CD
TOEICテスト新公式問題集Vol4の表紙と添付CD

読み上げている英文はほとんど聴き取れる気がします。問題も聴き取れます。ところが、答えを選ぼうとすると、さっき言っていたことってナンだったっけ?となります。一度つまずくと、試験のように次々と問題が流れていく場合には、立ち直るのが難しいんですよね。

英語を聴き取り、その内容を即座に理解して、質問の内容も理解し、さらに答えを見つける。これってチョー難しいことだったんですね。まだまだいくつものハードルを超えていかなければ簡単にはクリアー出来なさそう。

TOEICの受験にはそれ相応の対策が必要です。私は当面は受験の予定はありません。英語の文化を理解するための実力アップを目的として、来年以降も迷わずに買い貯めたテキストでの練習を進めていくことにします。そうすれば、そのうちに、いつかきっと質問にも即座に答えられるだけの実力がつくだろうと信じて…。

瞬間英作文テキストの続編を入手

「ポンポン話すための瞬間英作文パターンプラクティス」を近所のブックオフで見つけました。書籍案内で本書の存在を知ってから、どんなテキストかな?と気になってました。本書を手に取り、”はじめに”と”本書の特長”に目を通してから即購入。前作で私が躓いていたところが改良してあります。渡りに船とはこのことでしょう。

”はじめに”の文章を勝手に切り取って引用させてもらいます。

「どんどんー」と「スラスラー」では、簡単な日本語の単文を引き金として使いました。本書では新たに、元の文を少しずつ変えていくという方法を導入します。パターン・プラクティスと呼ばれるものです。この方法では、英文を作るために、独立した文の代わりに、主に、単語、フレーズを、新しい文を作るきっかけとして使います。日本語を丸ごと使うと、日本語の意味の咀嚼やイメージ化に困難を感じたり、日本語に振り回され、英作文というより英文の暗記になってしまう方が少なからずいます。本書のパターン・プラクティスだと、日本語の使用が最小限なので、このような問題が起こりにくくなります。また、文を一時的に記憶する負担がなくなるので、トレーニングの負荷は非常に軽く、その結果スピード感が増すことになります。

ポンポン話すための瞬間英作文パターンプラクティスのはじめにから引用

私の場合、前作で日本語に振り回されるという感じが強くありました。なので本作での練習に期待できます。

最初の10項目をトレーニングしてみました。作った英文の一部を置き換えて新しい文を作っていきます。途中で、時々、「あれ、前の英文は何だっけ?」と立ち止まるところがあります。でも全体的な感じでは、1項目(見開きページ)で15の英文がポンポン出来あがります。

基礎編が41項目、発展編が34項目あり、全部で1000超の英作文だそうですが、楽しくトレーニング出来そうな予感がします。

渡りに船のテキストが入手できたので、本記事ではこれから取り掛かる予定のテキストをいくつか紹介してきましたが、トレーニングの順番は本作を1番目にして取り組んでいくことにしました。