音の変化の英文例リスニングを集中してやってます

CDプレーヤー

英語は音がつながったり消えたりして音が変化します。
変化した英語が聴き取れるようなるためのリスニング練習に取り組んでいます。
練習では、音が変化するフレーズを含んだ文例をたくさん聴きます。
文例は全部で1500以上あって全部をきちんと聞くのはとても大変でした。
挫折せずにひととおり終わらせられました。そのコツを紹介します。

練習のあらまし

目標を定める

課題の文例1500あまりをすべて練習します。

英語の耳テキスト

練習期間

半年

練習のやり方

一つの文例をくり返し聴きます。
一つの例文を大学ノートに書き取って(ディクテーション)、日本語訳も併記します。
したがって、ひとつの文例でノートの2行を使います。

練習ノート1

CDプレーヤーの音声に合わせてリピートします。

同じ速度で詰まらずに読めるようになるまで繰り返します。

結果

練習にはずみがついて、実質40日間で終わりました。

工夫した点

進捗管理

練習の進み具合が目でわかるようにしました。

  • ノートの各ページには通し番号を振る。
  • 各ページには練習した日付を記入する。
  • つまずいた英文にはチェックを入れて、各ページにその数を記入する。
  • 練習した英文の延べ数量を各ページに記入する。
  • 練習ノート2

  • 全体のどこまで進んだかを確認する(4分の1、3分の1、2分の1、3分の2、4分の3)
  • ノートのページの通し番号を都度みる(やっと10ページ、なんとか20ページ、ようやく50ページ、ついに100ページ)

はずみをつける

  • ほそぼそと続けていると途中で飽きてしまうので練習に変化をつけました。
  • 1日で50英文をクリアーする日を設けてある程度一気にやる。
  • 練習を休まない。
  • 朝一からリスニング練習をとにかく始める。

練習が機械的にできるようにする

練習は毎日続きます。前日練習したあとからすぐに続けられるような工夫をします。

  • 文例集のCD内での通し番号を、大学ノートに記入した文例にも振っておきます。
    練習の続きは通し番号を確認して始められます。
  • 机に座っている自分の周りにCDプレーヤーノート、パソコン、そしてリモコン、マウスなどをすぐに操作できるように配置します。
  • 練習環境

  • リモコンの操作もいちいち見ないでできるようにします。
  • A-Bリピート操作はいちいち見ないでもできるようにします。

    リモコン操作ボタン

    リモコン操作

    CDプレイヤー液晶画面

気持ちを切らさない工夫

練習の成果を実感して、練習が楽しくなるようにします。

  • 知らなかった単語や言い回しを知る。
  • 聴き取れなかった音が聴き取れるようになる。
  • 英語番組を観て、少しでも聴き取れるようになっていることを実感する。

感想

こなさなければいけないものがたくさんある場合は、取り掛かりは大変。
とくに最初の100までが肝心です。その後は調子が出てきて加速します。
やればやるほど知る喜びが出てきます。そうなればしめたものです。
英語のリスニングの練習が目的でしたが、別な効果も感じられました。

  • 英語のスペルが覚えられます。
  • 日本語の漢字も覚えられます。
  • 日本語も英語も丁寧にきれいに書けるようになります。

一通りの練習が終わりました。
次のステップをどう進めるか、これから考えてみます。


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。