池井戸潤の一覧

銀翼のイカロス(池井戸 潤)

銀翼のイカロス (文春文庫) [感想] 半沢直樹シリーズの4冊目。 半沢直樹の性格や行動がだいたい分かるようになりました。一本筋を通すします。 今回の舞台は、破綻寸前の巨 … 続きを読む

七つの会議(池井戸 潤)

七つの会議 (集英社文庫) [感想] 帯に書かれている”「夢は捨てろ。会社のために、魂を売れ」「僕はどこで人生を間違えてしまったのだろうか」……筋書きのない会議(ドラマ) … 続きを読む

下町ロケット(池井戸 潤)

下町ロケット (小学館文庫) [感想] 読みたいと思って探すと、なかなか108円では買えない。ブックオフで410円で買いました。この頃は108円のも出てますね。 テレビド … 続きを読む

空飛ぶタイヤ(池井戸 潤)

空飛ぶタイヤ 上下合本版 [感想] どうしても読みたくて、ブックオフで560円で買いました。 主人公赤松の、ひたすら誠実に、かつ折れずに、やるべきことをやり続ける。愚直と … 続きを読む

鉄の骨(池井戸 潤)

鉄の骨 (講談社文庫) [感想] 池井戸潤の名作。確かに一気に読んでしまいました。談合が必要悪かどうか?これまでは単純に悪いことと思ってましたけど、世の中いろいろあるんだ … 続きを読む

銀行仕置人(池井戸 潤)

銀行仕置人 (双葉文庫) [感想] この作品は割と初期の作品。ストーリーの展開が少し飛躍が感じられる気がしないでもない。逆に、銀行の巨悪に一人で立ち向かう。ヒーローはただ … 続きを読む

最終退行( 池井戸 潤)

最終退行 (小学館文庫) [感想] 池井戸さんの作品を遡ってきましたが、原点の銀行員のお話で、掛け値なしに面白い。 タイトルの、”最終退行”って、何か仰々しく感じましたが … 続きを読む