池井戸潤の一覧

ノーサイドゲーム(池井戸潤)

ピンクの花

感想 社会人ラグビーのいろいろなことがこの作品でよくわかります。ラグビーだけではないと思いますが、監督の力量のたいせつさについても教えられます。的確な指導力・采配でチーム … 続きを読む

銀行狐(池井戸潤)

芽吹き

感想 長編でじっくりと物語っていく作品が多い池井戸潤さんの作品の中では珍しい短編集。その中の一つの「銀行狐」、変な題名です。銀行に脅迫状を送りつけた犯人が自分をキツネとよ … 続きを読む

ようこそ、我が家へ(池井戸潤)

小さな花々

感想 主人公の倉田は、銀行員であり出向先のナカノ電子部品では懸命に会社に溶け込もうと努力するが、なかなか思い通りにいかないでいます。その逆境の中で、社内の不正に気づきそれ … 続きを読む

架空通貨(池井戸潤)

桜

感想 ようやく見つけて読んで池井戸潤の初期の出世作という期待を裏切りませんでした。 銀行とか金融の内幕がわかるというのはもちろんですが、通貨について改めて考えさせてくれた … 続きを読む

BT’63(池井戸潤)

芽吹き

感想 タイトルのBTはボンネットトラック(Bonnet Truck)の略で、’63は1963年のことです。昭和38年で前回の東京オリンピックが開催される前年で … 続きを読む

銀翼のイカロス(池井戸潤)

銀翼のイカロス (文春文庫) [感想] 半沢直樹シリーズの4冊目。 半沢直樹の性格や行動がだいたい分かるようになりました。一本筋を通すします。 今回の舞台は、破綻寸前の巨 … 続きを読む

七つの会議(池井戸潤)

七つの会議 (集英社文庫) [感想] 帯に書かれている”「夢は捨てろ。会社のために、魂を売れ」「僕はどこで人生を間違えてしまったのだろうか」……筋書きのない会議(ドラマ) … 続きを読む