見知らぬ妻へ(浅田 次郎)



見知らぬ妻へ (光文社文庫)

[感想]

浅田次郎さんの、やさしくもせつない8つの涙の物語。そうですね。どうしたら、あの顔から(失礼!)こんな物語が出てくるのか。
「かくれんぼ」
小さいころに一緒にかくれんぼをして、そのまま置き去りにした子は行方不明のまま。
その罪への記憶を背負った3人の、決してぬぐえない罪の意識。救いようのない話ですが、ラストで救われたのかな・・・
「ファイナル・ラック」
浅田さん得意の、過去とオーバーラップした進行。ビギナーズ・ラックならぬ、ファイナル・ラック、あってほしいものです。
(2013.05.27記)
:本の表紙の画像をクリックすると商品ページへ移ります

ネットショップへのリンク


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。