重松清の一覧

半パン・デイズ(重松 清)

半パン・デイズ (講談社文庫) [感想] 重松さんの本は、ずいぶん読みました。 子供の視点に立って、イキイキとその成長が描かれていきます。 ”東京から、父のふるさと、瀬戸 … 続きを読む

青春夜明け前(重松 清)

青春夜明け前 (講談社文庫) [感想] 重松清って、ほんとうに子供の心を描くのが上手だ。今回は小学生や中学生や高校生の、性にあこがれるころの男たちの物語。 かなり露骨な描 … 続きを読む

小学五年生(重松 清)

[感想] 読むのがしんどかった。中盤までは。悲しい話が続く。読み進めているうちに、主人公が”少年”と固有名詞でないことに気付く。少年の周りのいろいろな出来事が短編でつづら … 続きを読む

ニッポンの課長(重松 清)

[内容紹介] 係長以上、部長以下。偉いような、そうでもないような「課長」。自らも中間管理職世代になったシゲマツが、21世紀の課長さん21人を現地直撃ルポ。再生法申請会社の … 続きを読む

いとしのヒナゴン(重松 清)

[内容紹介] 黒い影、獣のにおい、夜の闇に光る二つの目。謎の類人猿「ヒナゴン」の存在を信じる、元ヤン町長イッちゃんが燃えた。市町村合併問題、町長選をめぐって、ヒナゴン騒動 … 続きを読む

オヤジの細道(重松 清)

[内容紹介] ある日、ふと気がつくと中年になっていたシゲマツが、その未体験ゾーンの驚きを語りつつ、同世代にエールを送った「夕刊フジ」の大好評エッセイ。オヤジの歓びと哀しみ … 続きを読む

ニッポンの単身赴任(重松 清)

[内容紹介] 転勤族の息子だったシゲマツが、北海道から上海、南極まで、単身赴任の仲間20人をルポルタージュ。「単身赴任について考えることは、そのひとにとっての幸せのかたち … 続きを読む