ジーン・ワルツ(海堂 尊)


ジーン・ワルツ (新潮文庫)

[感想]

体外受精、そして代理母出産を扱った小説です。
子供を産みたくても産めない女性にとっては、最後の頼みの綱ともいえますが、日本では認められていません。
つい最近、タイで産み分けが話題になったばかりです。
少子化が問題になっている日本でも、生みたい女性に希望を与えるこのテーマについてもっと真剣に議論されていいのでは。と、思いを抱かさせられました。
:本の表紙の画像をクリックすると商品ページへ移ります

ネットショップへのリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。