赤川次郎の一覧

東京零年(赤川 次郎)

東京零年 (集英社文庫) [感想] 久しぶりの赤川次郎作品。 500頁あるが、この人の特徴は健在。会話が多く読みやすい。テーマが時代に合わせている。途中まで話の展開がよく … 続きを読む

吸血鬼はお年ごろ(赤川 次郎)

[内容紹介] 女子高生の神代エリカ。高校生活最後の夏、エリカの通う女子高のテニス部員たちが、合宿中に喉を噛み切られたような傷を残し、失血状態で惨殺された。吸血鬼の仕業だ、 … 続きを読む