マットレスを変えて腰痛を予防

布団

寝具が自分にあってないと腰痛の原因になるようです。

これまでにマットレスを変えたりしましたが、時々有痛に見舞われてしまいます。
低反発マットレスがよいとか、高反発マットレスがよいとか、ネット情報もまちまちです。

これまでに試したこと

高反発マットレスを敷ふとんの下に敷く

腰が浮くようで寝心地がよくありません。

低反発マットレスを敷ふとんの下に敷く

これを長く続けてきました。
おしりが適度に沈み込むので、気持ちよく眠れます。
たまに熟睡したあとで腰痛を感じることがあります。
寝返りを忘れるくらいに一心に寝てしまった?

改善を試してみます

低反発マットレスを敷ふとんの上にする

冷感シーツをマットレスにかぶせます。
シーツがないと身体の沈み込みが大きいのですが、シーツがそれを和らげてくれます。
一晩寝てみましたが、寝返りが打ちにくいかな。
ただ、敷ふとんを一番下にするのに抵抗を感じたのと、綿の敷ふとんが柔らかさを強調する感じもしました。

高反発、低反発、シーツを重ねる

使わずにいた高反発マットレスを復活させます。
高反発マットレス

高反発マットレスを一番下にして、その上に低反発マットレスを敷きます。
そして冷感シーツをかぶせる。
マットレスを重ねる

これで3晩寝てみました。
寝床横向き

寝床縦向き

腰が楽になった気がしています。
おしりが適度に沈むのと、寝返りも打ちやすい感じです。

マットレスを畳んでしまうのがちょっと面倒。
マットレスをしまう

高反発マットレスはちょっと重い。
低反発マットレスは、柔らかくて持ち上げづらい。

片付けるときに気をつけないと、腰をひねってしまいかねない。

自分にあった寝具を調節する

ネットを見ると、そういうコンサルタントもあるようです。
それぐらい悩みは深いのと、解決が難しい問題なんでしょうか?
寝具も数万円模するのがザラみたいですしね。

ポイントは2つあって、
適度に身体の重さを分散させ反発させるのと、寝返りを打ちやすくする。
ということのようです。

それがその人その人の体重や体型で異なってくることが問題を難しくしているようですね。
自分で、その解決策を見つけられればそれにこしたことはありません。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。