右目の手術の半年後に左目の白内障手術も受けました

右目の白内障手術を昨年(2018年)11月に受けて経過は良好です。
左目が見えやすくなると左目が見えにくいのが際立って感じられるようになります。
そこで眼科の先生と相談して左目も手術を受けることにしました。
経緯は右目のときと同じですが、手術後1週間経った時点であらためて振り返ってみます。
【関連記事】右目の白内障手術を受けてから一月が経ちました

見えにくくなる

左目の見え方は全体に白っぽくなる度合いがだんだん強くなってきます。
右目ばかりで見るようになって右目がよけいに疲れてきます。
定期的に視力検査を受けますが、4月には左目の視力がかなり落ちてしまいました。

手術を決断

先生と相談してみると、白内障手術は両目をすることが多いとのこと。
白内障は改善することはないので、あまり我慢しないで手術してしまうことにしました。
手術は5月22日と決まりました。
その日のうちに体調を確認する各種検査を受けます。

手術前の準備

約2週間後に検査結果を聞きます。
手術を受ける前日からの点眼と、


手術後に着用する保護メガネと清浄綿を用意するように指示されます。
手術後の帰宅時と翌日の診察時の付き添いを家内に依頼します。
手術の前日に眼科外来に電話して、翌日来院すべき時間を教えてもらいます。
4人中3番目の手術で13時45分に来院するように指示を受けました。

手術当日

手術前

手術後帰宅できますが、1時間は安静にしなければならないので日帰り入院となります。
そのため病院の入院窓口で手続を済ませてから眼科に向かいます
前回は手術を受ける人が10人ぐらいいて私はその最後でした。終わるのがずいぶん遅くなりました。
今回は午後だけの手術で4人中の3番目です。前の人の手術が予定よりも早く終えられたとのことで、十分な心構えをする時間もないまま自分の番が回ってきました。待機室に入り30分ほど待って自分の番です。

手術中

一度受けた手術とはいえ緊張します。
ずっとまぶたを開けたまま30分ほどじっとしていなければなりません。
局部麻酔が効いているので、痛みは殆どありません。
光が眩しいのと、今一体何をやっているのだろうという漠然とした不安の中で時間が過ぎていきます。
手術時間は30分弱だったと思います。
「順調に終わりました」との先生の声。ほっと安心です。

手術後

車椅子に乗って病室に向かい、30分ほどベッドに横たわって安静にします。
その後、目薬を指し保護メガネをかけて退院です。


会計窓口で費用を支払い、家内の運転で帰宅します。

自宅で

帰宅後すぐに指示書に従って目薬を指します。


目の切ったところがジーンと痛みます。この痛みは寝る前も寝ている間も続きました。

寝ている間もバンドに変えて保護メガネを1週間着用します。


見え方は全体が霞んでいてよく見えません。ちょっと心配。

手術の翌日

朝一番で家内の運転で眼科を受診します。
視力検査を受けましたが霞んでいて、見えたり見えなかったりです。それでも矯正視力が1.0だそう。
夜にお風呂に入りました。保護メガネを着けたまま浴槽に浸かったあとに首から下を洗います。
目の傷はあいかわらずちょっと痛い。まぶたを閉じるときにゴロゴロします。

手術の2日後

傷の痛みはだいぶなくなりました。
霞んでいたのも薄くなって、よくなってきそうな兆しを感じます。

手術の1週間後

その後は痛みはなくなりました。
いつの間にか霞もなくなり、右目よりはちょっと暗い感じですがかなり良くなりました。
保護メガネをかけて外出もします。
潮風を浴びたくて近くの海の岸壁に出かけたりしてリフレッシュしました。
そして今日は手術後9日が経ちました。
今朝から保護メガネを外しました。外出はサングラス着用です。
問題ありません。よく見えています。
夜にはお風呂に入って顔を洗い洗髪をします。

振り返って

2度めの手術ということがあり落ち着いていられた部分と、半年経って忘れてしまっていた部分と半々でした。
左目のほうが緑内障が進んでいて視野も狭くなっているので、白内障の手術を受けても劇的によく見えるようなことは期待していませんでした。実際の自分の感じでは、手術直後から2日間は状態が思わしくなくとても不安になりました。それが1週間経つ間に状態がだいぶ良くなり、今のとこと手術を受けてよかったと思うようになりました。
明日は眼科の受診日です。
先生の診察を受けて指示をよく守り、自分の目を大切にしていきたいと思っています。
【関連記事】緑内障になってしまったので目薬と検査を継続する


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。