椅子の背もたれのクッションで腰を支えて腰痛を和らげる

イスのクッション

長時間パソコンに向かって椅子に座っていると、いつの間にか猫背になったり姿勢が悪くなってしまいます。
わたしの場合は、腰に負担がかかって腰痛が出てきます。

この記事ではイスにクッションを当てて腰痛を防ぐ対策について書いてみます。

パソコン作業用の椅子

今使っているイスです。

イス1

問題の把握

ずっと薄い座布団を敷いて使っていましたが、この頃ちょくちょく腰痛が出てくるようになりました。
原因を考えてみると、イスの座り方に問題があるのではと考えるようになりました。

というのは、自動車で長時間運転していてもあまり腰に負担を感じないからです。
運転席のイスがいわゆるランバーサポート、腰や背中のあたりをクッションが支えるような構造になっています。

ところが家で使っているいすは、背もたれの中央に少しクッションはありますが、腰や背中を支えるどころか、全体的には後ろに反り返っています。これだと上半身の重みがそのまま腰骨の負担になってしまうのではないか。そう考えました。

クッション選び

そこで腰や背中に当てる適当なクッションをお店に探しに行きました。

いろいろ迷いましたが、最初に買ってきたのはこの2つです。
腰のあたりだけをサポートするタイプ。
腰当てクッション

座布団タイプ。これはそれまで使っていた薄い座布団の代わりです。
Uクッション

それぞれ1日使ってみましたが、あまりしっくりきませんでした。
腰当てのクッションは少し厚すぎる感じ。
座布団も厚すぎる感じ。

もう一度クッション選び

翌日、もう一度お店に探しに行きました。
今度買ってきたのはこの2つです。

腰よりももう少し広い範囲をサポートするタイプ。
背当てクッション

薄い座布団はなかなか手頃なものが見当たりませんでした。
姿勢を矯正するタイプで女性用かなとは思いながら試しに買ってみました。
矯正タイプのクッション

両方を試してみました。
女性用かなと思ったクッションはやはりそうで、自分にはしっくり来ませんでした。
家内に譲りました。

背当てクッションの方は、これは自分にあってました。
背中や腰に当たり良い感じで反発(サポート)してくれます。
ちょっと一休みのときに、背中をそらして寄りかかれる感じもちょうどよいです。
クッションの裏にベルトが付いていて、イスの背もたれに通すことができ、取り付ける高さを固定できます。
このベルトもいい。ずり落ち履きますが、座ったときに腰に程よくあたるところにクッションを上下にずらして調節ができます。これに決めました。

座布団の方は先に買ったほうで様子を見ることにしました。
そのうちへたってきて反発力もちょうどよくなるでしょうし…。

結局、この写真の組み合わせに落ち着きました。

もうふた月以上使ってますが、具合はいいです。

ダイニング用の椅子

主に食事のときに使う椅子もなんとかすることにしました。
クッションは何も使ってません。

ちょっと腰の調子が悪いときは、この椅子に座っていると状態が悪化します。クッションが必要です。

クッション選び

そこでパソコン作業用の椅子では使わなかった腰当てクッションの活用を考えました。

腰当てクッション

問題の把握

長時間座るわけではありません。座っているときにしっかり腰を支えてくれればいいのですが、その機能は椅子には全くありません。
クッションを腰と椅子の背もたれの間に挟むと、結構気持ちが良いです。
でも体を離すとクッションはすぐにずり落ちてしまいます。固定用のベルトが付いてませんから。

対策

最初は紐でクッションを背もたれにぐるぐる巻きに縛り付けました。でもだめです。すぐにずり落ちてしまいます。
ベルトをあとづけすることを考えますが、ただ背もたれに縛り付けてもすぐにずり落ちてしまうでしょう。

そこで背もたれの形状をよく観察しました。

3枚ある背もたれ板の左右の上部が湾曲しています。
この湾曲部を利用してベルトを支えるようにしてはどうかと思いつきました。

画像の黄色の矢印の部分にベルトをしっかり巻き付ければ下には落ちていかないだろうと考えたわけです。

クッションのカバーに太めの紐を手縫いで縫い付けて固定用のベルトにして背もたれに巻き付けてみました。

上から見た様子。

正面から見た様子。

側面から見た様子。

考えた以上にしっかり取り付けることができました。
座ったときの感じも、クッションが腰を支えてくれる感じがします。
この状態で暫く様子を見ることにします。


コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。