プリンター印刷不具合

windows10の更新でUSB接続プリンタが印刷できない不具合

DCP-165Cプリンター

久しぶりにパソコンを使ってプリンターでウェブの画面を印刷しようとすると、印刷ができません。よくよく調べてみると、Windows10の更新プログラムの不具合が原因で、不具合修正用のプログラムが用意されていることがわかりました。修正プログラムをインストールすると何事もなかったようにプリンター印刷ができるようになりました。

プリンターの設定やプリンタードライバーなどいろいろ調べてみても原因がわからず、寿命だからと諦めて新しいプリンターに交換することにしていましたが、買い換えずに済みました。私には珍しい経験でしたので経緯の概略をメモしておきます。

不具合の内容

使っているプリンターはブラザー製のDCP-165Cです。パソコンからの印刷とスキャン、コピーができる複合機です。純正インクを何度も補充して故障もせずに長年使ってこられました。

今回の不具合はちょっと変わっていました。コピーができるし、スキャンした画像をパソコンに取り込むことができる、プリンターのインクの残量もチェックできる。それなのに、パソコンからの印刷だけができないという現象です。

パソコンとプリンターとはUSBケーブルで接続します。
USB接続の不具合だとするとスキャンやインク残量確認などはプリンターから操作したり見えたりできないはずなのに、それができています。

プリンターからファイルの印刷を指示すると、プリンターのキューにファイルが一旦表示されて、1、2秒するとキューの内容が消えてしまいます。正常ならば印刷が始まるのですが待てども暮せども印刷は始まりません。

何度繰り返してもこの現象の繰り返しでした。

原因究明

プリンターの電源を入れ直したり、USBコネクタを差し直したり、パソコンを再起動したり、プリンタードライバーを入れ直したり、それらの組み合わせを何度も試しました。

デスクトップのパソコンをプリンターの印刷用に通常使用していますが、思いついてノートパソコンでも試しました。状況は同じです。

印刷処理に関わるパソコンとプリンター間でのUSBを通しての通信が異常なのは明らかです。

6月になってパソコンのWindows10の更新プログラムをインストールしました。それが原因かもしれないとは頭の片隅では思いつつも、プリンターがそうとう古いのです。

ネットで同じ現象がないか探してみましたが見当たりませんでした。お手上げです。ウィンドウズ(マイクロソフト)側では面倒は見てくれないかも、もう買い換えるしかないかと諦めました。

DCP-165Cプリンターはまだ使えると思ってました。補充用のインクを買ってストックしてあります。インクって他のプリンタへの使い回しができません。残念です。

交換用のプリンターを探す

新しいプリンターに買い換えることにしました。

家電販売店に何度か足を運んで製品を見ます。カタログもチェックして買い替えたい機種の選定はできていました。

ところが、今は新コロナウィルスの影響でプリンターがどこもみな品切れ状態。再入荷は8月以降だそうです。欲しくても買えないという悲しい状況ですね。

もう一度対策を調べる

ダメ元で何度もネット検索を繰り返した結果、ようやく正しい情報を見つけることができました。

正しい情報がヒットした時のキーワードは以下のとおりです。

windows10 更新プログラム 印刷できない brother

このキーワードにたどり着くのに手間取りました。

対策ページです。
【インクジェット/レーザー プリンター】(Windows10)更新プログラム適用後、印刷できなくなった

KB4560960とかKB4557957という更新プログラムに不具合があるそうです。
パソコンの更新履歴を調べてみるとビンゴでした。

ようやく道がひらけました!

不具合対処

不具合修正用のプログラムは、パソコンのCPUの仕様とWindows10のバージョン違いに合わせて用意されています。自分のパソコンに合った修正プログラムを選んでインストールしなければなりません。

記事の説明に従って注意しながら作業を進めました。

デスクトップPCの仕様

パソコンのデバイスの仕様のシステムの種類がx64ベースプロセッサ
Windowsの仕様がバージョン2004

ノートPCの仕様

パソコンのデバイスの仕様のシステムの種類がX64ベースプロセッサ
Windowsの仕様がバージョン1909

それぞれの修正プログラムを適用したところ、デスクトップPC、ノートPCともに何事もなかったように印刷ができるようになりました。

この修正プログラムは何度かに分けて提供されたようです。Windowsのバージョンが2004の場合は、始めの頃は修正プログラムが提供されていなかったようで、更新されていないネットの記事によっては暫定的な対処をすることになってしまいます。実際そうなってしまい遠回りしました。2004用の修正プログラムがリンクされている上記のようなネットの記事を見つけなければなりません。

DCP-165Cプリンター

対処を終わってみて

対処に1週間程かかりました。
プリンターはたまにしか使わないので、今回は買い換えずにすんでよかったです。
現状のプリンターの様子がよくわかりました。それが収穫かな。
写真の印刷を美しく仕上げたい場合は新しいプリンターが買いですね。