洋楽」タグアーカイブ

「輝く星座」を何度も聴く英語の歌のリスニング

ミュージカル”ヘアー”で歌われ、フィフス・ディメンションの「輝く星座」として日本でも大ヒットした歌”
Let the Sun Shine In2
をリスニングの題材に取り上げます。

題材を取り上げたきっかけ

中古CDショップで気になる曲をさがしたときにロックミュージカル”HAIR”のオリジナルキャスト盤が出てきました。LPレコードで古い年代物です。「輝く星座」という題名でよく聴いた記憶があります。聴いていて元気が出てくる名曲です。ところがいま聴いても、歌っている内容がほとんど聞き取れません。もう少し聞き取れるようになりたいと、そう思いました。

原点に戻る

英語の学習では繰り返しがとても大切ですですが、実行するのは大変。
題材にするには、自分で興味が持てて何度聴いても飽きない、聞けば聞くほど興味が湧いてくるものがよいです。その点で、歌は適切な教材の1つです。
長さが3分程度の曲が多いですし、歌詞の繰り返しが多いので、新しく学ぶ単語もそんなに多くはありません。
自分が飽きずに取り込める教材を選んで、じっくり学習に取り組む、そういう原点に戻ってみます。

ネットチューブで視聴する

LPレコードの曲なのでリピートするのがたいへん。一部だけをくり返し聴くというのは不可能に近いです。
ネットで探すと、フィフス・ディメンションの曲でいくつか見つかります。
Aquarius (Let the Sunshine in)

The 5th Dimension ≈ AQUARIUS ≈ Let The SUNSHINE In [HD]

AQUARIUS/Let The Sunshine In (輝く星座) / THE 5th DIMENSION

歌詞を入手する

輝く星座~レット・ザ・サンシャイン・イン

和訳

歌詞に意味を日本語で理解しておくと、歌への興味が増します。
Aquarius/Let the Sun Shine In の歌詞和訳

リスニングのポイント

曲の中盤の盛り上がるところが掛け合いになったりして、普通の再生スピードでは聞き取りはきついところがあります。

Golden living dreams of visions
Mystic crystal revelation
And the mind’s true liberation

シャドーイングのポイント

自分で追いかけるとなると、リズムのとり方や単語の発音がさらに難しくなります。

再生スピードを変える

ユーチューブの再生速度を0.75にしてリスニングやシャドーイングに使えます。

リスニング教材としての難易度

ユーチューブの再生速度を0.75にして何度もリスニングしてシャドーイングも繰り返すと、だいたい聞き取れるようになります。それでも0.5にしても聞き取れないところが残りました。
例:No more falsehoods or derisions
自分で歌うにはちょっと難易度が高いかな。
曲を聞いていて英語がほぼ聞き取れるようになれば満足していい曲だと思います。

Open Armsを何度も聴く英語のリスニング

Open Arms歌詞

Open Armsを何度も聴く 英語の再チャレンジをしています。母音や子音の発音を正しくすることに意識しながら繰り返しリスニングを併用することをテーマにして練習を続けています。 このテーマに重点的に取り組むだけで、英語の … 続きを読む