洋楽」タグアーカイブ

We’re All Aloneを何度も聴いて英語のリスニング

We're Alll Alone歌詞

英語のヒアリングWe’re All Aloneは聞き取りの題材によいです

英語に再チャレンジを始めてひと月あまり。「英語耳ドリル」のCDを使っての練習もとうとう最後の課題曲になりました。
標準的にはもっと時間を掛けて進まなければいけないらしいんですが、何しろせっかちなもので^^;

というか、5つの課題曲を最初にざっと聞いたときに、この最後の曲がメロディーがわたしの好みで、一番気に入ったんです。早くこの曲の練習をしたくてたまりませんでした。

今回は、5つ目の最後の課題曲、We’re All Alone でのわたしの練習について気づいたことをおはなしします。

“We’re all alone / Boz Scaggs”

P1030989

リスニングに適したシンプルな映像がyoutubeで視聴できます。
Boz Scaggs – We’re All Alone w/ Lyrics

英語の歌詞と和訳付きの映像がyoutubeで見られます。
We re all alone 訳詞付 Boz Scaggs

We’re All Aloneは前回の課題曲Time After Time と比べるとずいぶんスローテンポで取り組みやすい感じです。なので、30回目ぐらいで、はやばやと書き取り(ディクテーション)をしてみました。

P1040030

結果は?かなりひどいものでした。聞き取れないところは全く書きとれてません。当たり前か!

  • on the shore a dream の dream が聞き取れない。
  • will take us to sea の will や us が聞き取れない。
  • cave of ours もなんといっているのか分からない。
  • Long forgotten now の Long が聞き取れない。Do’ntに聞こえてしまう。
  • Learn how to pretend なんて、最初はThen I’ll to pretend に聞こえてしまう。
  • Once a story’s told It can’t help but grow old は、Once the story told It can help back alone なんて聞こえる。聞き取りが追いついてないんですね。
  • Roses do, lovers too, so cast これも Close is dew, love is do, so OKなんてまったく苦し紛れの書き取りです。
  • Your seasons to the wind の最後も yearに聞こえたり。
  • Hold me dear は、Fold me dear
  • All’s forgotten now は A’llsの[z]がよく聞き取れない。
  • 曲の最後のあたりの
    Owe it to the wind, my loveは All the window of love

という具合にさんざんです。こんなにゆっくりな曲なのに、やはり英語の歌はまだまだ私には難しいところがありますね。

私の聞き取り力には弱点が山積ですが、その中でも特に[L]ができないことに気づきました。[r]よりも[L}がわたしには難しいですね。前から気づいてはいましたが、徹底的に発音とかリスニングの訓練をする必要がありそうです。

そのあと、60回目ぐらいまで聞きました。

083755-2

歌詞の意味もネットで調べて、歌全体の内容も把握。

題名の解釈に「二人だけ」と「みんな一人ぼっち」の二通りがあることがわかって、この曲への興味が深まりました。

ウィキペディアによれば、

キャッグス本人は「この曲のタイトルを個人的な話と普遍的なテーマを両立させるものとしたが、両者の意味が同時に成立するような歌詞にするのに苦労した」と語っており、上記のような複数の解釈が可能なように最初から歌詞が設定されていたことが明らかとなった。

しかしながら同時に歌詞づくりが非常に難航し、レコーディングが始まっても完成せず、書き足しながら録音したことを明かしたうえで、「この曲の意味は自分の中でも完全にはわかっていない」と語っている。

と書いてあります。

一般的に歌の歌詞の意味はわかりにくいのに、作った人自身が意味をよくわからないんじゃ、英語学習者が苦労するわけです!?

洋楽をリスニングの教材に使うのは、あくまでも聞き取りようの手段と割り切ったほうがよいかもしれないですね。

これまで4つの課題曲で得た経験からすると、100回目までぐらいで行けば、ほぼすべてが頭の中に浮かんでくるようになる予定です!

今回の記事は以上です。

こんなふうに練習を続けていますが、私が今やっている,

何度も洋楽(英語の歌)を繰り返ししっかりと聞いて発音も直していく練習法は、発音とリスニング力を伸ばせます。

あなたもトライしてみてはいかがでしょう!!

Open Armsを何度も聴く英語のリスニング

Open Arms歌詞

Open Armsを何度も聴く 英語の再チャレンジをしています。母音や子音の発音を正しくすることに意識しながら繰り返しリスニングを併用することをテーマにして練習を続けています。 このテーマに重点的に取り組むだけで、英語の … 続きを読む