荻原浩の一覧

ちょいな人々(荻原 浩)

感想 日常生活での出来事を荻原浩流に面白おかしくそして少し悲しく描いています。 「ちょいな人々」ではクールビズに戸惑うおじさんたちの四苦八苦の対応ぶりが、同感と同情の念で … 続きを読む

砂の王国(荻原 浩)

  感想 久しぶりに荻原さんの作品を読みます。わたしの勘違いかもしれませんが、ほんわかとした印象を持っていましたが、この本はちょっと違いました。期待はずれという意味ではあ … 続きを読む

千年樹(荻原 浩)

[内容紹介]東下りの国司が襲われ、妻子と山中を逃げる。そこへ、くすの実が落ちて―。いじめに遭う中学生の雅也が巨樹の下で…「萌芽」。園児たちが、木の下にタイムカプセルを埋め … 続きを読む

ひまわり事件(荻原 浩)

[内容紹介]隣接する老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」は、理事長の思いつきで、相互交流を開始する。当初は困惑するものの、しだいに打ち解けてゆく園児と老人たちだが … 続きを読む

オイアウエ漂流記(荻原 浩)

[内容紹介] 南太平洋の上空で小型旅客機が遭難、流されたのは…無人島!?生存者は出張中のサラリーマンと取引先の御曹司、成田離婚直前の新婚夫婦、ボケかけたお祖父ちゃんと孫の … 続きを読む

いろいろな著者の本

このページでは一冊から読んだことのある著者の本をまとめて紹介します。 初めて読む著者の本を選ぶときは「本のタイトル」で選ぶことが多い気がします。1冊読んでみて気に入れば他 … 続きを読む