柴田錬三郎の一覧

もののふ(柴田錬三郎)

もののふ (新潮文庫) [感想] 無名の人たちを掘り起こして、その人生を柴錬流に料理する。 この作品では、気骨と心意気がテーマの作品が多いようだ。欲のためでなしに、自分の … 続きを読む

大将(柴田錬三郎)

[内容紹介]柴田錬三郎が晩年に書いた現代小説。かつて〈四国の大将〉の異名を取った昭和後期の財界の大物、坪内寿夫の半生を描いた異色作です。 *裏表紙の紹介文を掲載しています … 続きを読む

生命ぎりぎり物語(柴田錬三郎)

[内容紹介]日本初のボクシング世界バンタム級チャンピオン芝雄吉は、その強烈なパンチのため、リング上で対戦相手を二人も殺してしまった。罪悪感に駆られ、ボクサーをやめる決意を … 続きを読む

いろいろな著者の本

読んだことのない著者の本を選ぶときは「本のタイトル」で選ぶことが多い気がします。1冊読んでみて気に入れば他の作品を探します。 そして続けてその著者の作品を読むことが多いか … 続きを読む