CDプレイヤーをCD6006に替えました

使っていたCDプレイヤーのディスク・ドライブが動かなくなったのでMarantzのCD6006に買い替えました。
CD6006 CDプレイヤー

予算は3万円から4万円台。選択肢は限られます。高級オーディオ用は10万円台のものばかりで手が出ません。デジタルオーディオ対応のものは必要ないので候補から外します。
そうするとほぼCD6006に絞られました。

カタログに書いてある説明にアナログ回路に重きをおいてあるのが気に入りました。
一番のポイントは電源コードが着脱可能なこと。製品の重量も6,5kgあって電源系統を重視していることが読み取れます。
店頭に何度か足を運び試聴します。デザインも左右に丸みを持たせていて悪くないと思いました。

システムはアンプがBOSE PLS1410
PLS1410

スピーカーが BOSE 121 のオリジナルの構成にFostex FT207D(6角形の前面グリル)を加えた構成です。

このスピーカーはおとなしめの音ですが、ツイータ-と組み合わせることで全体にスッキリとした音が聴こえます。

CD6006に変えてからCDを結構聞きました。
オーディオシステム

いろいろな音がくっきりと聞こえて満足しています。

スポンサーリンク