オーディオレコーダーを試してみました

オーディオレコーダー利用全体

手持ちのレコードやカセットテープの音楽をデジタル音声ファイルに変換して聴くために「オーディオレコーダー」を買って試してみたのでメモしておきます。

試す目的

いろいろな音楽を気軽に聴けるようにすること

CD、LPレコードやEPレコードなどの媒体が手元に数百枚溜まってしまいました。目につかないところに媒体を保管してしまうと、いちいち取り出して聴くのが面倒になります。カセットテープは40個ほど保存してます。いちいちセットして聴くのが面倒です。いろいろな音楽を手間をかけずに気軽に聞けるようにしたい。

アナログデータをデジタルデータに変換する

各媒体に収められているデータ(音楽)を気軽に聴けるようにするために、デジタルの音声ファイルにして磁気ディスクに保管します。デジタル音声ファイルなら聴きたい音楽を選ぶのが簡単になります。
CDのデータはもともとデジタルなので、媒体からデータを取り込むときにソフトウェアで音声ファイルのフォーマットに変換し整理して保管すれば作業は終わります。
レコードやカセットテープの音楽はアナログデータなので最初にデジタルデータに変換(A/D変換)する手間があります。さらに音声ファイルの形式に変換し整理して保管します。CDの作業と違ってA/D変換するための機材が必要です。

A/D変換用の機材

安価で手軽に利用できるA/D変換用の機材は二種類あります。

ひとつがA/D変換に特化した「オーディオキャプチャーケーブル」です。このケーブル内でレコードなどのアナログデータをデジタルデータにA/D変換し、それをパソコンに取り込みソフトウェアで音声ファイル形式に変換します。

もうひとつが「オーディオレコーダー」です。取り込んだアナログデータをデジタルデータA/D変換し音声ファイルの形式に変換して保管用の媒体に格納するまでを機材の中で行います。パソコンやソフトウェアは必要ありません。

わたしはそれぞれを購入して試しました。本記事では「オーディオレコーダー」のお試しについて説明していきます。

オーディオレコーダー

サンワサプライの400-MEDIO25を購入しました。

外観

本体はとてもコンパクトです。
レコードプレーヤーやカセットテーププレーヤーから取り込んだアナログ信号をmp3(128kbps)の音声ファイルに変換して、USBメモリーやSDHCカードに格納できます。

オーディオレコーダー構成

接続

付属のACアダプターからUSBケーブルでmini USBポートにつないで電源を入れます。LEDが点灯します。

入力の接続はRCAプラグと3.5mmステレオミニプラグの2種類です。いずれかを入力端子につなぎます。
レコードプレーヤーとはRCAプラグで接続し、カセットプレーヤーとは3.5mmステレオミニプラグで接続します。

ミニプラグを接続

ミニプラグのケーブルの反対側はカセットプレーヤーのヘッドホンジャックにつなぎます。

オーディオレコーダー利用全体

カセットプレーヤーとの接続

FATかFAT32フォーマット済みの32GBまでのUSBメモリーかSCHSカードを本体スロットに挿入します。
録音状態を音声でモニターするためにアクティブスピーカーをLINE OUT端子につなぎます。

USBメモリー接続

使い方

録音の開始は、本体上部のキャプチャスイッチを押すか、

本体

付属のリモコンの録音ボタンを押します。

リモコン

本体のLEDの光が点灯から点滅に変わります。

音源(レコードプレーヤーかカセットテーププレーヤー)の再生を開始します。音源の再生が終了したら、キャプチャスイッチを押すかリモコンの録音ボタンを押して録音を終了させます。LEDが点灯(つきっぱなし)に戻ります。

録音中

操作方法は以上です。かんたんに録音できます。

注意点
  • ミニジャックで録音する場合は音源の再生音量をなるべく大きくします。小さい音量で録音すると再生音が貧弱になりがっかりします。
  • 録音方法には「手動ファイル分割モード」と「自動ファイル分割モード」の二通りあるようです。
    曲と曲の間の無音時で録音するファイルを分けたいときに、手動で行うか自動で行うかを選べます。
    曲ごとにファイルを分ける必要性は感じなかったのでファイル分割は試してません。したがって自動モードは試してません。
  • 録音される音声ファイル形式はMP3(128kbps)のみです。

仕様

試してみた感想

レコードとカセットテープの録音を1枚ずつ試してみました。
びっくりするくらいかんたんな操作で音楽ファイルが作れます。
再生した音楽の音質はそこそこという感じです。ポータブルカセットプレーヤーの音質と言ったらいいかな。元の音質以上になるわけがありませんし、この音だけを聴いていれば特に不満はないくらいの音質です。

使わなかった理由

わたしがパソコンを使える環境が利用できなかったら「オーディオレコーダー」を使うしかありませんでした。パソコンが使えたのでサンワサプライ「USBオーディオキャプチャケーブル」を次に試してみて、結局そのまま最後まで「USBオーディオキャプチャケーブル」を利用してすべての作業を終えました。

オーディオキャプチャケーブル

こだわったのは録音する音声ファイル形式が自由に選べることです。より良い音を求める自分のオーディオマニアごころを満たしてくれそうだったからです。

「オーディオキャプチャケーブル」があるだけでは何もできません。パソコンにソフトウェアを組み込んでいろいろな作業をしなければならないのでたいへん面倒でした。”苦労して得る楽しみを増やしたい” それが今回は「オーディオレコーダー」を使わなかった最大の理由かな。

「オーディオレコーダー」は、とにかく簡単な作業でUSBメモリーやSDカードに音楽ファイルを書き込んですぐに利用できます。「オーディオレコーダー」はレコードやカセットテープの音楽をMPプレーヤーなどで持ち歩いて気軽に音楽を楽しみたいという要求に向いていると思いました。