著者マ行の一覧

ドスコイ警備保障(室積 光)

感想 絵になるというか映像が目に浮かんできて楽しめる作品だと思います。 大相撲の力士が廃業したあとの就職先を確保するために警備保障会社を作り、社員が一眼となって運営してい … 続きを読む

都立水商!(室積 光)

感想 室積光さんのデビュー作。映画・テレビの俳優を経て作家になったというだけに物語が目の前に浮かんでくるように描写されています。 水商売のプロフェッショナルを養成するため … 続きを読む

鹿男あをによし(万城目 学)

感想 主人公が鹿と話せたり、顔がだんだん鹿の頭に変わっていったり、かなり奇想天外な話です。 舞台が奈良で弥生時代からの歴史の話がどんどん積み重ねられていくうちに、話の中に … 続きを読む

埋蔵金発掘課長(室積 光)

感想 「史上最強の内閣」が真面目なテーマを扱いながらユーモア一杯で面白かったので、室積さんの作品に注目してます。 「埋蔵金発掘」というテーマは変わってます。それも市役所の … 続きを読む

鴨川ホルモー(万城目 学)

感想 プリンセストヨトミが面白かったので他の作品を読みたいと思っていた。 本書「鴨川ホルモー」は作者万城目学氏の作家デビュー作。 単行本の本文ページ数が271ページと少な … 続きを読む

史上最強の大臣(室積 光)

感想 作者の社会に対する主張を小説の形をとって最後まで飽きさせずに読ませてくれる。 取り上げるテーマが社会で話題になっていて関心を集めたものなので、とても興味深く読ませて … 続きを読む

月と蟹(道尾 秀介)

月と蟹 [感想] 道尾秀介氏の直木賞受賞作ということで手に取りました。 4章まで子どもたちのヤドカリを捕まえての遊びを中心に延々と細かな描写が続きます。 最初は残酷な遊び … 続きを読む

史上最強の内閣(室積 光)

史上最強の内閣 (小学館文庫) [感想] おもしろい、というか、今の日本の北朝鮮との関係を、一見コミカルに、実はかなり真面目に描写しています。核ミサイルと拉致、現状の膠着 … 続きを読む

東京バカッ花(室井 滋)

東京バカッ花 (文春文庫) [感想] こころから笑える、室井滋の原点。バカなことも素直な気持ちからやってしまっていて、自分でもそのバカさ加減に気づいていない。 そんな思い … 続きを読む