著者カ行の一覧

輝天炎上(海堂 尊)

感想 バチスタシリーズを総括するような内容。 これまでの登場人物が次々に出てくる。すべて読んできているので、所々の話に懐かしさを覚える。 以前は謎だった部分が種明かしされ … 続きを読む

モルフェウスの領域(海堂 尊)

モルフェウスの領域 (角川文庫) [感想] 人間を人工的に冬眠させる「凍眠」、覚醒させる様子が描かれているが、水溶液に長く浸されていた人間をから水溶液を吐き出させ、意識を … 続きを読む

心霊特捜(今野 敏)

心霊特捜 (双葉文庫) [感想] ブックオフの105円コーナーに並んでました。即買い。一日で読んでしまいました。 霊が絡む事件を捜査する特別捜査班、(R特捜班)、という設 … 続きを読む

ビギナーズラック(今野 敏)

ビギナーズラック (徳間文庫) [感想] 文庫オリジナル短編集。 男には戦わなくてはいけない時がある-- 人気作家・今野敏の原点がこの一冊に! 今野敏といえば、人間味あふ … 続きを読む

ヘッドライン(今野 敏)

[感想] 今野さんの作品はいつ読んでも面白い。夢中になって読み終えました。 ストーリーの展開がわかりやすく、会話の部分では、目の前にその場面が浮かんできます。 刑事と記者 … 続きを読む

クローズアップ(今野 敏)

クローズアップ(スクープシリーズ) (集英社文庫) [感想] 今野敏の作品は確かに芯に正義感が貫かれていて、読み終えてすっきりする。 警官と、暴力団と、テレビ局の記者とい … 続きを読む

あすなろの詩(鯨 統一郎)

あすなろの詩 (角川文庫) [感想] 中盤まで青春物語が続きますが、5人の大学生があすなろ荘に入ってからは、次々と殺人事件が起こります。 ミステリとはこれほど大胆に事件を … 続きを読む