著者ア行の一覧

風化水脈(大沢在昌) New!

感想 本書を読むと新宿の街の生い立ちや地理的な成り立ちに詳しくなれます。ガイドブックをようです。知っている町の名前や通りの名前が出てくるたびに、街の詳細地図を片手にして読 … 続きを読む

有川浩の本 New!

有川浩の作品はどれもわかり易い言葉が選ばれていてとても読みやすいと思います。 「海の底」「空の中」「塩の街」「図書館シリーズ」どれもいい。これまで読んだだけでも20冊を超 … 続きを読む

氷の森(大沢在昌)

感想 ”「新宿鮫」へとつながる大沢ハードボイルドの原点”とのことを読み終えて知りました。人が多く死にます。主人公の緒方は麻薬取締官を退職して私立探偵をやっていますが、緒方 … 続きを読む

狼花(大沢在昌)

赤い花

感想 本作品の読みどころは、外国人犯罪を撲滅するために警察と暴力団が手を組むことを目指すエリート警官・香田の考えと、孤高の刑事・鮫島の考え方が真っ向から対立するところです … 続きを読む

キケン(有川浩)

花

感想 木登りをしたことがないとか鉛筆を小刀で削れない子供が増えたという嘆きがされたのは随分昔のことだったでしょうか?今も状況は変わらないのかな。テレビゲームで人を擬似的に … 続きを読む

ノーサイドゲーム(池井戸潤)

ピンクの花

感想 社会人ラグビーのいろいろなことがこの作品でよくわかります。ラグビーだけではないと思いますが、監督の力量のたいせつさについても教えられます。的確な指導力・采配でチーム … 続きを読む

銀行狐(池井戸潤)

芽吹き

感想 長編でじっくりと物語っていく作品が多い池井戸潤さんの作品の中では珍しい短編集。その中の一つの「銀行狐」、変な題名です。銀行に脅迫状を送りつけた犯人が自分をキツネとよ … 続きを読む