月別アーカイブ: 2018年10月

ストーリー・セラー(有川 浩)

感想 ”思考するたびに寿命が縮まっていく”ずいぶん奇抜な設定です。作家を続ければ死んでしまう。なぜそうなったかをその原因や経緯を作家の夫の目から詳しくたどっていく。 妻は … 続きを読む

ラブコメ今昔(有川 浩)

ラブコメ今昔 (角川文庫) 感想 書名があまりにもあまりにも甘いので、気恥ずかしくなって、この本はちょっと敬遠してました。でも有川作品で避けて通れない。「クジラの彼」を読 … 続きを読む