月別アーカイブ: 2018年4月

月と蟹(道尾 秀介)

月と蟹 [感想] 道尾秀介氏の直木賞受賞作ということで手に取りました。 4章まで子どもたちのヤドカリを捕まえての遊びを中心に延々と細かな描写が続きます。 最初は残酷な遊び … 続きを読む

原発クライシス(高嶋 哲夫)

原発クライシス (集英社文庫) [感想] とても激しいストーリー。100人ものテロリストが原発を占拠する。数十名の機動隊が死傷する。自衛隊が出動して戦車が発砲する。どこか … 続きを読む