月別アーカイブ: 2018年3月

夢を売る男(百田 尚樹)

夢を売る男 (幻冬舎文庫) [感想] いろいろな分野に挑戦中の百田さん、今度は出版会の裏話に挑戦。 出版社主催の「新人賞システム」の応募者、それも新人賞をのがした人に、「 … 続きを読む

心霊特捜(今野 敏)

心霊特捜 (双葉文庫) [感想] ブックオフの105円コーナーに並んでました。即買い。一日で読んでしまいました。 霊が絡む事件を捜査する特別捜査班、(R特捜班)、という設 … 続きを読む

ビギナーズラック(今野 敏)

ビギナーズラック (徳間文庫) [感想] 文庫オリジナル短編集。 男には戦わなくてはいけない時がある-- 人気作家・今野敏の原点がこの一冊に! 今野敏といえば、人間味あふ … 続きを読む

東京物語(奥田 英朗)

東京物語 (集英社文庫) [感想] 久しぶりに奥田英朗(おくだひでお)を読みました。 主人公は、田村となっていますが、かなり自伝的な色合いが強いと思われる作品です。 50 … 続きを読む

無理(奥田 英朗)

無理〈上〉 (文春文庫) [感想] 久しぶりに読む奥田英朗さんの作品。楽しみです。 小さな町で、鬱屈(うっくつ)している、地方公務員、女子高生、セールスマン、中年女性、市 … 続きを読む

銀翼のイカロス(池井戸 潤)

銀翼のイカロス (文春文庫) [感想] 半沢直樹シリーズの4冊目。 半沢直樹の性格や行動がだいたい分かるようになりました。一本筋を通すします。 今回の舞台は、破綻寸前の巨 … 続きを読む

七つの会議(池井戸 潤)

七つの会議 (集英社文庫) [感想] 帯に書かれている”「夢は捨てろ。会社のために、魂を売れ」「僕はどこで人生を間違えてしまったのだろうか」……筋書きのない会議(ドラマ) … 続きを読む

気配り王になる

気配り王になる!―一目おかれる人の秘密の法則 [感想] 私が受講しているネットビジネススクールでの教材の一つ。 ネットビジネスで、何故気配りが必要?という疑問はさておき、 … 続きを読む