月別アーカイブ: 2017年3月

垣根涼介の本

「君たちに明日はないシリーズ」は抜群に面白かった。「ヒートアイランドシリーズ」も同じ。南米に詳しい著者の描く生き生きとした物語が楽しめます。 垣根涼介の著作で読んだ本への … 続きを読む

奥田英朗の本

「噂の女」「我が家の問題」がテレビドラマの原作で視ました。原作にしやすいのでしょうか。読みやすい本が多いのは確かです。ブックオフでもまだ読んでない本を探す著者の一人です。 … 続きを読む

大沢在昌の本

大沢在昌といえば「新宿鮫シリーズ」を挙げないわけには生きません。男の生きざま、かっこいいです。「アルバイト探偵シリーズ」のようなちょっとコミカルな作品も好き。「夜明けまで … 続きを読む

石田衣良の本

なんといっても「池袋ゲートウェイパークシリーズ(IGQP)」です。新しい作品を見つけるたびに即読みでした。 石田衣良流の少年の心の描き方も好きです。 石田衣良の著作で読ん … 続きを読む

あさのあつこの本

「バッテリー」から始まる「「ラスト・イニング」「晩夏のプレイボール」「「グラウンドの空」「グラウンドの詩」では少年野球ものでは、少年の繊細な心を巧に描写します。「No.6 … 続きを読む

浅田次郎の本

いろいろな分野の著作があってひとことでは表現できません。 「きんぴかシリーズ」「プリズンホテル」「天切り松シリーズ」などのピカレスクロマンは著者の独壇場。 「地下鉄に乗っ … 続きを読む

いろいろな著者の本

このページでは一冊から読んだことのある著者の本をまとめて紹介します。 初めて読む著者の本を選ぶときは「本のタイトル」で選ぶことが多い気がします。1冊読んでみて気に入れば他 … 続きを読む

池井戸潤の本

「下町ロケット」シリーズや「民王」のテレビ放映でよく知られるようになりました。「オレたち」シリーズもおもしろいし、他のどの作品も読み始めたらやめられないものばかりです。こ … 続きを読む