風をつかまえて(高嶋 哲夫)

感想

テーマが風力発電で技術関係出身の高嶋氏らしい作品。
技術関係とはいえ、風車という誰にでもイメージしやすい題材なので、読んでいても特に難しく感じるところがないのが良い。
最初はおもちゃのような風車を作って挫折し、その後で本格的な風車の建造に取り掛かる。祖の展開がとてもわかり易く、読んでいてワクワクしてきた。
風力発電というと、ただ大きな風車が回っているだけという感じしか持てないのは普通だと思うが、本書を読むと風力発電の良いところも問題点もその実態がよくわかってくる。小説として読みやすいストーリーにしながら風力発電を身近に感じさせてくれる作品だと思う。
(2019/10/27)

ネットショップへのリンク

風をつかまえて (文春文庫)

風をつかまえて (文春文庫)

高嶋 哲夫
発売日: 2011/07/08
Amazonの情報を掲載しています

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。