まもなく日本が世界を救います(太田龍、フルフォード)

まもなく日本が世界を救いますサムネイル

サブタイトル:ベン&龍10の緊急提言

『感想』

本書の発行が2007年。その頃の雰囲気が伝わってきます。日本だけが世界をリードできる国だという期待を抱かせてくれます。
読んでびっくりしたのが、ロックフェラー財閥が世界を牛耳っているという事実。
いまは2022年、いまでもそうなんだろうか?それとも新しい勢力が支配している?
著者の一人太田龍氏はすでに亡くなってしまわれたようですが、意見を聞かせてもらいたいと思います。(2022/02/09)

以下、本のカバーの説明文を引用します。

日本国は世界一のチョーお金持ち。
世界最大のテロ国家アメリカからお金を取り戻して、日本が運用すればいいでしょ。
もう戦争には使わない。
貧困も病気もバイバイ。
全人類ニコニコ。
ロックフェラーさんいかがですか!?

ネットショップへのリンク